Apple、旧iPhone速度低下で謝罪

米アップル(Apple)は2017年12月28日、ソフトウェアのアップデートによって古いiPhoneの反応速度が低下する現象について、稼働速度を意図的に下げていたことについて謝罪し、一部端末を対象に割引価格でのバッテリー交換を提供すると発表しました。バッテリー交換の料金を2018年1月下旬から一時的に29ドル(約3300円)に引き下げると表明し、2019年には元通りの79ドル(約8900円)に戻すとしています。

アップルは、ソフトウェア・アップデートで古いiPhoneの速度を意図的に低下させていたことを認め、バッテリーの長寿命化を図る狙いだったと説明しています。これに対し、アップルがiPhoneの速度を意図的に下げることによって新機種への買い替えを不正に促しているのではないかとの疑惑が浮上し、ユーザーが集団代表訴訟を起こす動きも相次いでいます。

アップルは、「一部の方に失望を感じさせたことを謝罪します」と述べたうえで、今後のiOSのアップデートでは、ユーザーがiPhoneのバッテリーの健康状態をもっとよく把握できるようにすると説明しました。ただ、問題の機能のオンとオフをユーザーが切り替えられるようにするかどうかについては言及されていません。

iPhoneのバッテリー交換は、保証期間が切れた製品でも受け付けるそうです。バッテリーを新しくすれば、アップデートに関連した速度低下の問題は解消されるとアップルは説明しています。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です