【平昌五輪】カー娘「そだねー」披露、しかし批判的な意見も

平昌五輪で史上最多13個のメダルを獲得し、2018年2月27日の解団式を終えた日本選手団は、式後に行われた野外イベントの報告会に参加しました。

東京・赤坂の東京ミッドタウンで開催された報告会では、各選手に元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造がインタビューする形で行われました。松岡は、カーリング女子団体「LS北見」に対し、メンバー全員に競技中に交わしていた「そだねー」を言うように促しました。

「そだねー」の独特のイントネーションは北海道弁によるもので、この言葉がファンの間では人気となっております。あまりに人気すぎて、今年の流行語大賞になるのではないかと言われているほどです。

一方で、メディアでの露出が増えるにつれ、Twitterで「カーリング女子」と検索すると「嫌い」と表示されるなど、ネットでは批判的な声も多くあがるようになっています。特に、批判的な投稿をしているのは女性に多いようです。「私ら氷上のアイドルよ、みたいなカーリング女子が女は嫌いです」「もぐもぐタイムって何?」「公共の電波に乗せないでほしい」などの意見が寄せられています。

本人たちの言動が嫌いな人がいれば、メディアの取り上げ方が嫌いという人もいるようです。確かに、「もぐもぐタイム」などはいらないシーンですよね。

オリンピックのスポーツ選手らがここまで嫌われるのは異常ですね。ファンが多いほどアンチも多いのは当然ですが、ファン(男性)・アンチ(女性)というふうに二極化していて面白いですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です