「めちゃイケ」最終回、あの企画が復活

フジテレビの長寿バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)が、2018年3月31日の放送をもって終了となります。最終回は、5時間10分スペシャルとして放送され、17年前に打ち切りにされた「七人のしりとり侍」が復活しました。

「七人のしりとり侍」は、映画「七人の侍」をモチーフにした言葉遊びのコーナーです。しかし当時、野武士集団に襲われる罰ゲームがいじめを助長すると、視聴者からの苦情が殺到しました。BPO(放送倫理・番組向上機構)青少年委員会は2000年11月に「画面の中での行動が一種の袋叩きであることは間違いなく、その演出方法に必然性は感じられない。大勢で一人を叩き、仲間で笑いものにする場面はいじめの形にきわめて近いものがあり、こうしたシーンを繰り返し放送することは、暴力やいじめを肯定しているとのメッセージを子どもたちに伝える結果につながると判断せざるを得ない」と結論付け、結局、2001年2月、わずか1年で打ち切られました。

インターネット上では、「懐かしい」というコメントがありました。当時を懐かしむ人も多かったのではないでしょうか。

また、17年前のことをふまえ、負けチームは一方的に野武士に袋叩きにされるのではなく、刀を持って野武士と戦えるルールとしました。

このような企画の変更は、現代らしいですね。テレビ局は、視聴者に与える印象に配慮しなければいけませんね。

スポンサーリンク

オフコース『ロンド』置いてけぼりにされた最初で最後の鈴木康博シングルA面曲

1977年11月20日に発売されたオフコース12枚目のシングル『ロンド/思い出を盗んで』を紹介します。1977年9月5日に発売されたオリジナルアルバム『JUNKTION』直後のシングルですが、シングルA面の『ロンド』は『JUNKTION』には収録されていません。

A面 ロンド

作詞・作曲:鈴木康博です。ヤスさん(鈴木)の作品がオフコースのシングルA面曲になるのは初めてで、当時のヤスさんは「いよいよ来た」と燃えていたことでしょう。結果的には、本曲が最初で最後になりました。
日本テレビ系ドラマ「ひまわりの家」の主題歌として制作されています。オフコースのオリジナルアルバムには収録されていません。
アコースティックギターの優しい曲で、オフコースのフォークソング調のシングルA面曲はこの曲で最後になります。母のことを歌った本曲は、『JUNKTION』に並べられた都会的な曲とは一線を画していました。ヤスさんは「この曲はこれからのオフコースに合わないからと言って置いてけぼりにされた曲。でも僕はこの曲は好きだった」と発言しています。この時期、清水仁・松尾一彦・大間仁世(ジロー)が加わり、オフコースはバンド編成のサウンドになったこともあり、本曲は「置いてけぼり」にされたわけです。
ジャケット写真は箱根で撮影されています。

1978年に5月にオフコース最初のベストアルバム『SELECTION 1973-78』が発売されましたが、『ロンド』は収録されませんでした。もし収録されていれば、曲の認知度は全然違っていたでしょう。長らくアルバム未収録の曲であったことも「置いてけぼり」になった原因です。ヤスさんは不運としか言いようがありません。
しかしヤスさんは「僕はこの曲は好きだった」と話しているように、オフコース脱退後はよく歌っています。『ロンド』はヤスさんのソロアルバム『あなたとともに~10th Anniversary』『BeSide』『forWard』、ライブアルバム『Yasuhiro Suzuki Anniversary Live 1970-2008』にも収められています。

スポンサーリンク

B面 思い出を盗んで

作詞・作曲:小田和正です。アルバム『JUNKTION』にも収められています。爽快なイメージの小田さんの気持ちのいい曲で、私の大好きな曲です。小田さんの曲は本当にキャッチーで売れる要素が満載なのに、この時期は売れずに苦労していたのは不思議です。音楽全体の中でテレビが占める割合が今の何倍もあったという時代背景もあるでしょう。
澄んだメロディーですが、曲の最後に出てくる「やがて訪れる永遠の眠り」という歌詞にドキッとします。

『思い出を盗んで』は、こちらをA面にしたほうが売れただろうと思うほどの名曲です。小田さんの曲でなかなかヒットが出ないので、『ロンド』はレコード会社がヤスさんという変化球を投げたという真相かもしれません。

『ロンド』はベストアルバム『レア』、3枚組ベストアルバム『OFF COURSE Singles 21 1973→1982』『OFF COURSE Singles』『オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989』に収録されています。聴いたことが無い方は聴いてみてください!

スポンサーリンク

天然記念物「大鹿桜」折れる、雪の重みが影響か

福島県猪苗代町にある天然記念物、「大鹿桜」が雪の重みで折れていたことが分かりました。「大鹿桜」は、2本並んで生えた桜が鹿の角のように見えることなどから、その名が付いたとも言われています。

町によりますと、2017年11月に2本のうち1本の木で分かれた幹の一部が雪の重みや強い風で折れたとみられています。折れた幹が雪に埋まってしまったため、樹木医も診断できず、そのままになっていたということです。

「大鹿桜」は、標高580メートルの高地にあるため、福島県内で最も遅く咲く桜の名木の一つだそうです。開花期間はゴールデンウイーク後半から5月下旬で、長い間咲いていることから別名「翁桜」と呼ばれています。

天然記念物である木が折れてしまって残念ですね。

スポンサーリンク

公園の桜11本切断される、転売目的の疑い

2018年3月27日に、公園に植えられている半数近くの桜が切断された様子を市民が通報しました。

その公園には、満開の桜が咲いていたのですが、根元から切断され無残な状態になっていました。切られた桜の切り口は比較的新しく、鋭い刃物で切られたようにみられています。東大阪市の公園では、25本ある桜のうち半数近くの11本が何者かによって切られていました。

市は、転売目的で何者かが伐採した可能性があるとみて、警察に被害届を出す方針です。

一方、桜の被害は奈良県王寺町でも起きていました。こちらも同じような手口で切断されていました。王寺町ではすでに被害届を出しています。

せっかくの桜を伐採し、転売しているのは許せませんね。

スポンサーリンク

パチンコ景品強盗、店員が”ダミー札束”で対応

2018年3月27日午後11時すぎに、群馬県館林市のパチンコ店の景品買い取り所で、男が刃物でアルバイトの男性店員を脅した事件が発生しました。

脅された男性店員は、100万円の札束2つを重ねて差し出しましたが、実は本物の1万円札は一番上と下だけで被害額は2万円だけでした。店は強盗への対策として、ダミーの札束を普段から用意していたといいます。

逃げた男は年齢が30代くらい、身長180センチほどで、上下黒の服を着ていたということで、警察が行方を追っています。

店が普段からダミーの札束を用意していたのは驚きですね。

スポンサーリンク

玉突き事故で男児重体、3人重軽傷

2018年3月27日午後4時45分ごろ、兵庫県高砂市阿弥陀町(あみだちょう)魚橋の国道2号姫路バイパス上りで、トラックや軽乗用車など車4台が絡む玉突き事故が発生しました。

この事故で、軽乗用車の男児が意識不明の重体、別の3人も重軽傷を負いました。

兵庫県警高速隊は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、最後尾のトラックを運転していた同県加古川市の会社員の男(56)を現行犯逮捕し、事故原因を調べています。

県警などによると、現場は片側2車線で、追い越し車線を走行していたトラックが軽乗用車に追突し、はずみで前方の乗用車とタンクローリーに衝突したとみられいます。

トラックの運転手は道路舗装関係会社に勤務し、当時機材などを運んでいたそうです。

このような事故が起きないように、安全運転を心がけましょう。

スポンサーリンク

京大病院で調剤ミス、女性患者が死亡

2017年9月に、京都大学病院で調剤された薬を使った60代の女性患者が死亡してしまった悲しい事故が起きました。この問題で、大学が設置した調査委員会の報告から、医師が処方した1000倍の濃度の薬が調剤されていたことが判明しました。

病院によると、2017年8月に薬剤師2人が患者が自宅で使用するための「セレン注射薬」を、医師の処方箋より高濃度で調剤していました。2017年9月に、患者は投与後に痛みを訴え搬送先の病院で亡くなりました。

病院は2017年10月に患者の死亡を発表し、注射薬の残りや他の患者に渡されていたものにも異常があったとして、調査委員会を立ち上げていました。

医療ミスによる死亡事故は、起きてほしくないですね。

スポンサーリンク

貴乃花親方、告発状取り下げ”一兵卒”宣言

2018年3月23日に、貴乃花親方(45)が事実上の全面降伏しました。内閣府に提出した告発状を取り下げる方針だそうです。

2017年の日馬富士暴行事件以降、貴乃花親方は相撲協会と対立していました。それが弟子による貴公俊の付け人暴行で、すべて水の泡となってしまいました。

3月25日に、京都市内のホテルで貴乃花部屋の大相撲春場所千秋楽の打ち上げパーティーが行なわれました。そこで、貴乃花親方が囲み取材に対応しました。十両の貴ノ岩と貴源治が千秋楽で勝ち越したことを、「とても和やかな気持ちです」とコメントしました。一方で、謹慎中の貴公俊は打ち上げパーティーに参加せず「部屋にいます」と明かしました。内閣府に提出した告発状を取り下げる意向をあらためて示し「すべてゼロからのスタート。新たに指導していく所存です」とコメントしました。

相撲界は、今後どうなってしまうでしょうか。

スポンサーリンク

ビートルズ『4人はアイドル』ヘルプ!はジョン・レノンの悲痛な心の叫び

1965年発売のビートルズのアルバム『4人はアイドル』を紹介します。原題は、The BeatlesHELP!』。現在のCDの日本語アルバムタイトルは原題に合わせて『ヘルプ!』に改められています。

A面はビートルズ主演映画『ヘルプ! 4人はアイドル』のサウンドトラック、B面はアルバム用に追加録音された曲です。映画はビートルズ2作目の主演映画で、フルカラーで撮影されました。この時代はまだモノクロが主流だったので、カラーで動くビートルズを見ることができて当時のファンは歓喜だったことでしょう。
アルバムの構成は「レノン=マッカートニー」作品が10曲、ジョージの作品が2曲、カバー曲が2曲です。『ウィズ・ザ・ビートルズ』から久しぶりにジョージの作品がアルバムに入り、本アルバム以降、ジョージのソングライターとしての才能が開花していきます。また、ビートルズのオリジナルアルバムにカバー曲が入るのは本アルバムが最後となり、以降のアルバムはオリジナル曲だけになります。

それでは、アルバムを紹介していきましょう。(オリジナルがレコード盤なので、A面・B面で紹介します。)

A-1 ヘルプ!(ジョン・レノン)

本国イギリスでのビートルズ10枚目のシングル曲です。テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』のテーマソングとして使われている、お馴染みの曲です。疾風のように駆け抜ける軽快なメロディーとヴォーカルで、ジョンは本曲を自身のベストナンバーの1つに挙げています。アコースティックギターの音色が印象的なポップなロックンロールですが、ジョンの悲痛な心の叫びのメッセージソングでもあります。後にジョンは「混乱した現実から逃避したい願望をこの作品に託した」と語っており、「とても不安定で完全に自分を見失っていた」とこの時代を振り返っています。ジョンは「本当の真実を歌っているのは『ヘルプ!』と『ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー』だけだ」とも話しています。

スポンサーリンク

A-2 ザ・ナイト・ビフォア(ポール・マッカートニー)

ポールのキャッチーなポップスです。ポールのヴォーカルを、ジョンとジョージがバッキングヴォーカルで追いかける、初期のビートルズらしい演奏です。ジョンがエレクトリックピアノを弾いています。

A-3 悲しみはぶっとばせ(ジョン・レノン)

原題は『You’ve Got To Hide Your Love Away』。アコースティックギターを弾きながらのフォークソングで、ジョンの歌い方はボブ・ディランを意識したものになっています。ジョンが言うところの「ディラン時代の曲」で、前作『ビートルズフォーセール』の『アイム・ア・ルーザー』よりも、更に本格的にボブ・ディランに取り組んだ曲という印象です。

A-4 アイ・ニード・ユー(ジョージ・ハリスン)

『ウィズ・ザ・ビートルズ』収録の『ドント・バザー・ミー』以来のジョージの久々のオリジナル作品です。ジョージらしい純朴な歌詞と、愛らしいメロディーです。ジョンとポールがコーラスをつけています。
ジョージの一周忌である2002年11月29日に行われた追悼コンサートで、トム・ ペティ&ザ・ハートブレイカーズが本曲を歌いました。2017年10月2日に66歳の若さでトム・ペティが亡くなったことは残念です。

A-5 アナザー・ガール(ポール・マッカートニー)

曲の途中から突然始まったような印象を持つ変わった曲です。本曲でポールはベースの他にリードギターも担当しましたが、起伏のあるリードギターと平坦なメロディーのコントラストがおもしろいです。
ポールは2015年4月28日の日本武道館コンサートで、本曲を世界で初めてライブ演奏しました。ポールは1966年のビートルズ来日公演以来49年ぶりの日本武道館のステージで、世界が注目した歴史的なイベントでした。

A-6 恋のアドバイス(ジョン・レノン)

原題は『You’re Going To Lose That Girl』。ジョンの陽気なポップスで、ポールとジョージがバッキングヴォーカルで追いかけます。映画ではスタジオでのレコーディングのシーンに使われた曲で、4人が本当にカッコよく演奏していました。日本ではシングル発売もされました。

A-7 涙の乗車券(ジョン・レノン)

原題は『Ticket To Ride』。本国イギリスでのビートルズ9枚目のシングル曲です。ジョンの気持ちの良いリードヴォーカルに、ポールがハモります。ジョンは本曲を「ヘヴィメタルのさきがけ」と表現しており、それまでのどのビートルズ作品よりも進歩的な曲でした。本曲もリードギターはポールが弾いており、リードギター担当というジョージの肩書きが徐々に危うくなっていきます。

B-1 アクト・ナチュラリー(リンゴ・スター)

バック・オーウェンスが1963年に大ヒットさせたカントリーソングをリンゴがカバーしています。当時、新婚のリンゴが自ら選曲しました。大スター志願の男をユーモラスに描いた本曲は、リンゴのとぼけた声にとてもマッチしています。2016年10月30日にNHKホールで行なわれたコンサートでは、リンゴはカウボーイハットを被ってノリノリで本曲を歌ってくれました。

B-2 イッツ・オンリー・ラヴ(ジョン・レノン)

ジョンのバラード曲で、私の大好きな曲です。しかし、ジョンは「歌詞が気に入らない」と語り、「ビートルズ時代の最も嫌いな曲」としています。メロディーは最高だと思うのですが。

B-3 ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ(ジョージ・ハリスン)

ジョージの作品がアルバムに2曲入るのは初めてです。ミディアムテンポのポップスで、サウンドの中心がピアノであることが新しい試みです。ジョージのソングライターとしての成長を感じる1曲です。

B-4 テル・ミー・ホワット・ユー・シー(ジョン・レノン、ポール・マッカートニー)

ジョンとポールのツインヴォーカルですが、主にポールが手掛けた楽曲です。ポールはベースの他にエレクトリックピアノも弾いています。単調な曲ですが、パーカッションのアレンジで聴かせています。

B-5 夢の人(ポール・マッカートニー)

原題は『I’ve Just Seen A Face』。ポールがカントリーソングやフォークソングといったトラディショナルな分野に取り組んだ意欲作です。ジョン・ポール・ジョージの3人でアコースティックギターを弾いています。ポールはウイングスのステージで本曲を取り上げており、ライブアルバム『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』に収録されています。また、2015年4月23日の東京ドーム公演でポールは本曲を歌いました。

B-6 イエスタデイ(ポール・マッカートニー)

言わずと知れたポールの名曲です。ポール以外のメンバはレコーディングに参加していません。ポールがアコースティックギターを弾き、弦楽四重奏がバックで奏でられています。ポールは「心から僕の最高傑作だと思う」「どの曲よりも一番自然に書けた曲」「僕が書いた曲の中で最も完全な曲」と語っています。ジョンもポールの最高傑作と認めていました。ポールのコンサートでは必ず歌われており、最近ではアンコールで披露されることが多いです。音楽の教科書にも載っている不朽の名作です。

B-7 ディジー・ミス・リジー(ジョン・レノン)

ラリー・ウィリアムズが1958年にヒットさせたロックンロールの楽曲をジョンが気持ちよくカバーしています。迫力のあるジョンのシャウティングと、ジョージのギタープレイが最高です。ジョンのプラスティックオノバンド名義のライブアルバム『平和の祈りをこめて(Live Peace in Toronto 1969)』にも収録されています。

『ヘルプ!』(4人はアイドル)はおすすめアルバムです。ぜひ聴いてみてください!

千鳥・ノブ、NHKで本名発覚

2018年3月24日に、NHKの生活バラエティー番組「有吉・福くんのお金発見 突撃!カネオくん」でお笑いコンビ・千鳥のノブの本名が発覚しました。

同番組のキャラクター「カネオくん」の声を担当しているノブですが、岡山県井原市にある実家の敷地が広く、それを知っているMCの有吉弘行が「すごくいい木があったじゃない?」と話題を振りました。

ノブは「天然記念物の木があるんです。『早川のカヤ』っていう」と得意げに説明しました。すると、有吉が「本名・早川、っていう」とツッコミを入れました。「カネオくん」というキャラクターの設定を破り、芸名のノブ、さらには本名の「早川」まで明らかになりました。スタジオには笑いが起こり、カネオくんことノブは「ノブより奥の情報が出とる。カネオくんだよ」と懸命に修正していました。

ノブの実家にある「早川のカヤ」は天然記念物指定されています。思わぬところで個人情報が流れてしまいましたね。