【埼玉少女誘拐】中1少女を自宅に監禁した被告に懲役9年の判決

埼玉県朝霞市の少女(17)が2016年3月、約2年ぶりに保護された誘拐事件で、T被告(25)は未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われました。2018年3月12日に、その事件の判決公判がさいたま地裁で開かれ、松原里美裁判長は懲役9年(求刑同15年)を言い渡しました。

2017年8月に判決が言い渡される予定でしたが、T被告が不規則発言を繰り返すなどしたため、期日が延期されていました。この公判では、T被告は奇声を上げながら入廷しました。松原裁判長に「職業は」と聞かれると「森の妖精です」と話し、ほかにも虚偽の生年月日や住所などを述べていました。

しかし、今回の判決公判では奇声を発することなく落ち着いた様子で受け答えしていました。前回の奇行は、責任能力を逃れるためだったそうです。

被害者の少女は、中学1年から3年の心身ともに成長する期間を失われ想像を絶する大きな打撃を受けました。しかし、監禁中にT被告が暴行、暴言を少女にしたとは認められないことなどから量刑が考慮されました。

T被告には、更正してほしいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です