【相撲】救命女性に向かって「土俵から降りて」アナウンスが炎上

京都府舞鶴市で2018年4月4日行われた大相撲春巡業で、あいさつ中に突然倒れた市長の救命措置で駆け上がった女性に、日本相撲協会側が土俵を下りるよう求めるアナウンスを流した問題で、アナウンス以外にも、女性に向かって土俵を下りるよう協会員が直接指示していたことが4月5日に判明しました。土俵に上がった女性のうち、少なくとも1人は現役の看護師だそうです。

関係者によると、多々見(たたみ)良三市長(67)は土俵上であいさつを始めて約1分後にあおむけに倒れました。緊急のため、観客席にいた女性が土俵に上がって心臓マッサージを行ったほか、会場に待機していた救急隊員らがAED(自動体外式除細動器)や担架を持って駆け付けたといいます。

この際、場内アナウンスのほか、日本相撲協会の協会員が女性らに「下りなさい」などと声を掛け、手ぶりでも下りるよう指示しました。多々見市長が運び出され、女性らも土俵から下りた後、土俵には大量の塩がまかれたといいます。

協会側はアナウンスについて、「人命に関わる状況には不適切な対応で、深くお詫びする」などと謝罪しました。塩をまいたことについては「土俵で骨折や大きなけががあった際の通例で、女性が土俵に上がったこととは関係はない」と釈明しました。

女性は土俵に上がってはいけないという伝統と、人命を天秤にかけた場合、間違いなく人命が大事なので、今回のような女性差別について深く考えるべきだと思いました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です