鹿児島で3人殺害、38歳孫を逮捕

鹿児島県日置(ひおき)市東市来(いちき)町湯田の民家で2018年4月6日午後、男女3人の遺体が見つかった殺人事件で、鹿児島県警は4月7日、近くに住む無職、I容疑者(38)を男性への殺人容疑で逮捕し発表しました。

I容疑者は民家に住むAさん(89)の孫で、民家で同居する次男(68)の息子だそうです。I容疑者は「間違いありません」と容疑を認め、残る女性2人についての殺害もほのめかしているといいます。警察は、I容疑者(38)が2人が行方不明になった事情を知っているとみて調べています。

〈事件の詳細〉
犯行時間は、4月6日午後3時10分ごろから25分ごろ、Aさん宅で、近くに住むBさん(47)の首を絞めるなどして殺害した疑いがあります。6日午後7時前、現場から約1.5キロ離れた日置市内の市道を歩いていたI容疑者を捜査員が発見、任意同行しました。県警によると、次男は事件の数日前から職場を欠勤していました。殺害された3人は次男らの安否確認に訪れた際、襲われたとみられています。

Bさんは、Aさんの長男(70)の知人で、頼まれて現場を訪問していました。首に絞められた痕があったほか、殴られたような痕もあったそうです。司法解剖の結果、死因は頸部圧迫による窒息死と判明しました。I容疑者とBさんは、Aさんが所有するアパートの別の部屋に住んでいて面識があったそうです。

いったい、38歳孫に何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です