東尾理子が第3子出産、「夫・石田純一の孫と同学年」

俳優・石田純一(64)とプロゴルファーの東尾理子(42)の間に第3子となる次女を出産しました。このことは、2018年4月9日に東尾理子が自身のブログで発表しました。「新しい家族が増えました」のタイトルで「この度、第三子となります次女を無事出産致しました」と報告しました。

また、生まれてくる子どもの名前について石田純一は、「つむぎ」と命名したことを告白しました。続けて「理子が今回(第3子女児の名前を)譲らなかったので…。一応(候補を)出したんですけど、却下されまして」と笑いながら明かしました。

石田には最初の妻との間に、俳優・いしだ壱成(43)がいます。壱成は4月に、女優の飯村貴子(19)と再々婚することと、飯村が第1子を妊娠中で今秋に出産予定であることを明かしています。

それを引き合いに、東尾はブログで「主人にとっては子供と孫が同じ学年となる予定の5人目の子供であり、兄弟姉妹、孫、叔父、叔母、なんとも頭を使う家族構成にはなりますが、これからも家族みんなで協力し、支え合い、愛に満ち溢れる日々を過ごせたらと思います」と書き込みました。

家系図にしたら複雑な迷路みたいになりそうですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です