2004年の高2女子刺殺事件、男を殺人の疑いで逮捕

広島県廿日市市で2004年10月、県立廿日市高2年の女子(当時17)が自宅で刺殺された事件で、廿日市署捜査本部は2018年4月13日、殺人の疑いで山口県宇部市の会社員、K容疑者(35)を逮捕しました。K容疑者は、「家に侵入したら騒がれたので刺した」と供述し容疑を認めているそうです。

事件前に被害者の女子と接点はなく、「通りすがりでやった」と話しており、県警は侵入した目的についても調べています。

逮捕のきっかけは、山口県警が捜査した別の暴行事件で採取されたK容疑者の指紋が、女子の自宅のドアノブにあったものと一致したそうです。DNA型も、女子の爪の間に挟まっていた残留物から採ったものと同じだったそうです。

事件発生から14年もの歳月がかかりましたが、無事犯人が捕まって一安心ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です