福田次官、セクハラ疑惑を否定

福田淳一財務事務次官が女性記者に対してセクハラ発言をした疑惑に対し、2018年4月16日に、セクハラ疑惑と辞任を否定しました。疑惑を報じた新潮社に対しては名誉毀損(きそん)で提訴する準備を進めているとコメントしています。

「週刊誌で記載されているようなやりとりをしたことはない」「心当たりを問われても答えようがない」。4月16日に公表された福田氏の聴取結果では、自らを正当化するコメントがずらりと並び、その全てで疑惑を否定しました。

財務省は外部の弁護士に委託して福田氏への調査を続ける方針で、同省記者クラブに加盟する報道機関の女性記者に対し、調査への協力を求めました。

毎年の税制改正と予算編成だけでなく、女性活躍推進も担っている財務省の事務方トップは、今何を思っているのでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です