【セクハラ】NHK松尾アナ、寺門アナに「婚期遅れ」発言し謝罪

2018年4月23日に、ニュース番組「シブ5時」でキャスターを務める松尾剛アナウンサー(50)が、寺門亜衣子アナウンサー(32)に対して「婚期が遅れて」などと発言したことを生謝罪しました。

4月20日の番組内の解説コーナーで賃金格差のテーマを取り上げた際、晩婚化の話題に関連して「寺門さんの婚期が少し遅れて」などとジョークを飛ばしていました。

松尾アナは寺門アナに「ごめんなさいね。番組が終わった後、スタッフからすごく抗議されまして。それセクハラですよ!、って」と、苦笑いで平謝りしました。「視聴者の方からもツイッターで指摘をいただきまして。自分の中ではそういう(セクハラ問題への)意識は高い方だと思っていたので、今考えるとすごい恥ずかしい」とコメントしました。

隣でコミカルに腕を組んで謝罪を聞くポーズをとった寺門アナは「ひとつ言っておきますと、32歳は晩婚じゃないですからね」と笑って水に流しました。

松尾アナはその後、財務省の福田事務次官が女性記者にセクハラ発言をしたとされる問題に関するニュースを読み上げました。

政治家だけでなく、アナウンサーもそういう発言をするのは残念ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です