TOKIO山口達也、謝罪会見で号泣

2018年4月26日に、強制わいせつの容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)が都内ホテルで謝罪会見を行ないました。黒のスーツに身を包んだ山口は冒頭、1分近くにわたり頭を下げて謝罪しました。

この日会見では、冒頭は弁護士が状況を説明しました。被害届を出されたことを山口が知ったのが3月末、会社が知ったのは最近だったため、会見の開催まで時間がかかったことを謝罪しました。また、山口が芸能活動を無期限で謹慎することを発表しました。

会見のなかで女子高校生のAさんを苦しめてしまったことを、何度も「申し訳ない」と繰り返しました。ジャニーズ事務所の顧問弁護士がAさんの両親からのコメントを読み上げると、山口の目からは涙がこぼれる場面もありました。

グループのメンバーやファンに向けて謝罪した山口は、最後に「被害者のご両親の言葉に本当に救われました。本当に申し訳ございません」と改めて謝罪し、深々と頭を下げ退場しました。

今回の件について、TOKIOのリーダーである城島茂(47)は「示談が成立したとしても、大人として、二児の父親として決して許されることではありません」とコメントしました。

今回の件で、鉄腕DASHなどの出演番組の視聴率はどうなるのでしょうか。とても残念ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です