【日大アメフト問題】日大教職員組合が田中理事長らの辞職要求

日本大学アメフト部の悪質タックル問題で、日大の教職員組合が内田前監督の常務理事解任や田中理事長の辞任を求めました。

日本大教職員組合は2018年5月31日、抜本的な改革が不可欠だとして、田中英寿理事長や大塚吉兵衛学長ら上層部の辞職などを求める要求書を大学側に提出しました。要求書では、大学側の不適切な対応により、「保身や組織防衛のために学生を切り捨てる大学」という「負の烙印」を世間から押されたと指摘したうえで、「解体的な出直しと再生」が必要だとしました。組合側はこれらの要求を6月30日までに実行するよう求めています。

スポンサーリンク

2004年の女児殺害事件、服役中の男に逮捕状

岡山県津山市で2004年9月、小学3年、筒塩侑子(つつしおゆきこ)さん(当時9歳)が殺害された事件が起きました。

2018年5月29日に、別の事件で服役中の男(39)が関与を認める供述をしていることがわかりました。岡山県警は殺人容疑で逮捕状を取り、30日にも男を逮捕する方針で、2人の接点や動機を調べ、事件の全容解明を進めるそうです。

事件発生後、警察は犯人に直結する遺留品や目撃証言がなく、捜査が難航していました。同様の事件を起こした人物がいないかなど範囲を広げて捜査をした結果、別の事件で服役していた男が浮上したそうです。

2人の接点や動機などが気になりますね。

スポンサーリンク

チューリップ『2222年ピクニック』はオフコース『over』を意識した?

1982年6月21日に発売されたチューリップのアルバム『2222年ピクニック』を紹介します。

第二期チューリップによるレコーディングで、メンバーは以下です。

 財津和夫(ヴォーカル、ギター、キーボード)
 姫野達也(ヴォーカル、ギター、キーボード)
 安部俊幸(リードギター)
 宮城伸一郎(ベース、ヴォーカル)
 伊藤薫(ドラムス、ヴォーカル)

地球の未来や宇宙をテーマに、チューリップらしいコーラスやシンセサイザーの音色が散りばめられたアルバムです。歌詞カードには『平和な国の反戦歌』という題の財津和夫の詩が掲載されていました。アルバムジャケットは2222年の地球でしょう。

それでは第二期チューリップを代表する本アルバムを紹介していきましょう。(オリジナルがレコード盤なので、A面・B面で紹介します。)

A-1 美しい星

財津和夫が作曲したインストルメンタルです。
当時、ニューミュージック界の頂点に立っていたオフコースが約半年前にリリースしたアルバム『over』も1曲目はインストルメンタルでした。オフコースのライバル的な立場であったチューリップはそれを意識して真似したのかもしれません。

A-2 2222年ピクニック

作詞・作曲:財津和夫で、リードヴォーカルも財津和夫のアルバムタイトル曲です。
「地球にその昔 落ちたという 愛のオリジナル」という歌詞は、聖書のアダムとイブの話を想起させます。
「空に浮かぶ巨大なオレンジ色が」はUFOでしょうね。

スポンサーリンク

A-3 星をちりばめて

作詞・作曲:財津和夫で、リードヴォーカルも財津和夫です。
財津さんのちょっとやらしい曲です。
「着ているものを脱がせてゆけば だんだん君が白くなってゆく」
「裸の君 この僕の唇で ひとつひとつ 光る星 ちりばめよう」

A-4 心の中は白い画用紙

作詞:財津和夫、作曲:姫野達也で、リードヴォーカルは姫野達也です。
姫野さんらしい甘いヴォーカルとメロディーで、私の大好きな曲です。安部さんの死去で4人のチューリップになってしまった2016年~2017年の45周年記念コンサートツアーでも歌われていました。

A-5 星のコラージュ

作詞:伊藤薫、作曲:安部俊幸で、リードヴォーカルは伊藤薫です。
歌詞、メロディー、そして伊藤薫の繊細な優しい歌声に、ファンタジーという言葉がピッタリの曲です。第二期チューリップのコンサートではドラムを叩きながら歌っていました。

A-6 君の季節

作詞・作曲:財津和夫で、リードヴォーカルも財津和夫です。
イントロのガラスコップが割れるようなシンセサイザーの音が印象的です。財津さんらしい、おっとりとした曲で、コミカルな情景が浮かぶ男女の別れの歌です。いい大人の男のバンドの歌詞にアイスクリームやフルーツパーラーが出てくるのが面白いです。
「眼の前のアイスクリーム溶け始めたよ 別れ話にアイスクリームは似合わない」
「まわりの人に恥ずかしいフルーツパーラー 別れ話にフルーツパーラーは似合わない」

B-1 VOLUME・10(FULL)

作詞・作曲:宮城伸一郎で、リードヴォーカルも宮城伸一郎です。
VOLUME・10の10はFULLと読ませています。1997年に再結成して新録音したアルバム『We believe in Magic Vol.2』にも収録された宮城伸一郎の代表曲の1つです。

スポンサーリンク

B-2 ホロスコープ・ラヴ

作詞・作曲:安部俊幸で、リードヴォーカルは姫野達也です。
第一期チューリップでは自らヴォーカルを取ることもあった安部さんですが、第二期チューリップでは一切ヴォーカルを取らなくなりました。私は味のある歌声だと思うのですが。
2014年7月7日に居住地のインドで亡くなった安部さん、本当に残念でなりません。4人のチューリップのステージで、安部さんがヴォーカルを取った『夏に別れを』を4人全員(財津・姫野・上田・宮城)で歌ったシーンには涙です。

B-3 生まれる星

作詞・作曲:財津和夫で、リードヴォーカルも財津和夫です。
恋人同士の二人が宇宙船No.909に乗り、生まれた星である地球を離れ、これから生まれる星に愛を運ぶといった歌詞です。何故、No.909なのか非常に気になりますが、財津さんが大好きなビートルズの楽曲『One After 909』から単純に拾ったのでしょう。『銀河鉄道999』に似た数字ですが、こちらとは関係無いように思います。

B-4 アルバトロス

作詞・作曲:財津和夫で、リードヴォーカルも財津和夫です。
財津さんの雄大なバラード曲です。宇宙をテーマにした本アルバムの最後、宇宙人に向けて歌います。
「ぼくも唄うよ 明るい声で ひびけ宇宙の 君の棲む彼方へ」

チューリップ『2222年ピクニック』はおすすめアルバムです。ぜひ聴いてみてください!

スポンサーリンク

90歳の女性が乗用車で歩行者をはね、1人死亡

2018年5月28日午前10時55分ごろ、神奈川県茅ケ崎市元町の国道1号で、90歳の女性が運転する乗用車が、横断歩道を渡っていた4人をはねた後、歩道に突っ込んでさらに2人をはねてしまう、悲しい事故が起きました。6人は病院に運ばれたが、50代の女性1人が死亡し、2人が重傷、残る3人もけがを負いました。運転した女性も軽いけがをしました。

事故現場は片側1車線の直線道路で、信号は車側が赤だったとの目撃情報があります。

警察庁によると、平成29年の交通死亡事故のうち、75歳以上の運転者が起こした事故は418件です。免許人口10万人当たりの平均死亡事故件数は75歳未満と比較して2倍超に上ります。

高齢者による事故が多いので、運転には気をつけましょう。

スポンサーリンク

初代ドラクエ発売日、5月27日が“ドラゴンクエストの日”に認定

今から32年前の1986年5月27日に、エニックス(当時)から、ファミリーコンピュータで『ドラゴンクエスト』が発売されました。32年目を迎えた本日5月27日を、「ドラゴンクエストの日」として日本記念日協会に認定されたと、「ドラクエ」生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二さんがTwitterで報告しました。

シリーズ化された「ドラクエ」は、累計出荷本数6600万本以上を記録しました。スクウェアの「ファイナルファンタジー」(1987年12月発売)とともに、日本のRPGブームを牽引しました。シリーズ作の発売日には店頭に長蛇の列ができ、学校をサボってソフトを買いに来た小中高生らが補導されるほど、日本中が熱狂しました。

“ドラゴンクエストの日”を記念して、2018年5月25日~5月27日まで、スマートフォン版『ドラゴンクエスト』シリーズ8タイトルが、特別セールを実施中です。興味がある方は、買ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

小田和正『この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景』これはミニアルバム!

2018年5月2日にリリースされた小田和正のシングル『この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景』を紹介します。

2018年5月14日付のオリコン週間シングルランキングで初登場4位にランクインし、トップ5入りの最年長記録を樹立しています。
小田さん自身初めてのクワトロA面シングル(4曲入りシングル)で、4曲すべてがタイアップ曲というのも初めてです。全体で16分弱ではありますが、どの曲も素晴らしく、聴き終えた印象は小田さんらしさが詰まった「ミニアルバム」です。70代に入った小田さんですが、本当に充実した楽曲を聴かせてくれています。4曲とも歌詞に「道」が出てきており、小田さんが歩んできた長い道のりを自然と回顧してしまいます。

1. この道を

TBS系列日曜劇場『ブラックペアン』主題歌です。小田さんは次のコメントを寄せています。

「依頼を受けた段階で音楽的にはこういう風にしようと決めていましたが、制作されているみなさんの番組に対する強い想いを伝えられていたので、曲が出来た時点でこれにどんな言葉を載せるべきかと随分迷いました。でも、いただいた資料を何度も読み返すうちに、番組に携わる人たちが主題曲に求めているものと自分が歌いたいことはきっと同じ線上にあると確信して『この道を』が出来ました。ドラマが書かせてくれた曲です。皆さんはどんな風に聴いてくれるのでしょう」

ピアノの伴奏に乗せて小田さんが淡々と歌っています。途中からストリングス、そして、松たか子、 JUJU、光田健一による美しいコーラスが重なります。
歌い出しの歌詞に音楽の道を進むか心が揺れていた若い頃の小田さんの姿が重なります。
「それでも 懸命に 生きていくと そう決めた」

2. 会いに行く

フジテレビ系『めざましテレビ』テーマソングで、2018年4月2日からオンエア開始されました。小田さんが『めざましテレビ』のテーマソングを担当するのは、2008年制作の『今日も どこかで』以来10年ぶり2回目になります。小田さんは次のコメントを寄せています。

「再び目覚ましの曲を書かせていただきました。あれからもう10年になるのですね。初めスタッフ皆がきっと期待して待ってるから喜んでくれる歌を書かなきゃと勝手にプレッシャーを感じたりしていました。そして様々な企画で全国の視聴者とつながるんだという番組制作者たちの想いと、ツアーで全国の待っている人たちのところへ行くんだという僕の想いを重ねて『会いに行く』という曲を書きました。目覚ましを見てくれるみんながさわやかな朝を迎えてくれたら嬉しいです」

テンポのよい明るい曲です。コーラスは前曲と同じく、松たか子、 JUJU、光田健一です。
繰り返されるフレーズに、コンサートツアーで会場を駆け巡っている小田さんの姿が重なります。
「会いに行く どこにでも その笑顔に会うために その声を聞くために 想いを伝えるために」

スポンサーリンク

3. 坂道を上って

東宝系映画『坂道のアポロン』の主題歌です。小田さんは本曲の制作に際して次のように語ったそうです。

「テンポ感も含めてポジティブな曲を作りたい」
「バラードでしっとり終わる主題歌も映画的だけど、この映画は若者たちの物語だから、明るく終わりたい」

『坂道のアポロン』の監督を務めた三木孝浩はオフコースファンであった母の影響を受け、自らも小田和正の大ファンです。完成した本曲を聴いた三木監督は「歌の出だしでもう泣いていたぐらいの感動でしたね!」と興奮していました。

前奏でいきなりエレキギターで『風と君を待つだけ』の「ひとりにならないで」のメロディーが奏でられ、これだけで感涙です。ロック色の強いアレンジで、憂いのあるメロディーです。
歌い出しと曲の最後の歌詞に5人のオフコースが重なります。
「きらめいていた 誰もがみんな」

4. 小さな風景

テレビ朝日系列木曜ミステリー『遺留捜査(第4シリーズ)』の主題歌です。小田さんは次のコメントを寄せています。

「いなくなってしまった人との思い出を懐かしくたどるだけでなく、自分の知らないその人もきっとどこかにいたのだろうと想う気持ちに触れたかった。それが『君の心の中の 小さな風景』になった。小さな風景は幾つもあるんだと思う。この曲は出来るだけ言葉数を少なくと初めから考えていて、短く印象的な歌にしたかった」

小田さんの優しい曲です。コーラスは松たか子が単独参加しています。
本ミニアルバムのテーマとも言うべき「道」に、オフコースファンはアルバム『この道をゆけば』、そして、鈴木康博のことを思い起こしてしまいます。
「何度も二人で 歩いた道なのに」
「今 君がここにいたら 何を思うだろう あの笑顔で」

スポンサーリンク

『坂道のアポロン』の監督を務めた三木孝浩は、主題歌を決めるにあたり、幅広くどの世代にも伝わるようなアーティストを考えたとき、真っ先に挙がったのが小田和正だったそうです。小田さんの楽曲は映画・TV番組・CMに幅広く使われていますが、どの世代にも認知されているのが、その理由なのでしょうね。
小田さんがこれまで制作してきたテレビドラマの主題歌をまとめてみます。

1. 『ラブ・ストーリーは突然に』1991年 フジテレビ系『東京ラブストーリー』鈴木保奈美/織田裕二
2. 『真夏の恋』1994年 日本テレビ系『遠山金志郎美容室』西田敏行
3. 『伝えたいことがあるんだ』1997年 TBS系『最後の恋』中居正広/常盤貴子
4. 『君たちを忘れない』1998年 NHK『必要のない人』森光子
5. 『キラキラ』2002年 フジテレビ系『恋ノチカラ』深津絵里/堤真一
6. 『まっ白』2004年 TBS系『それは、突然、嵐のように…』江角マキコ/山下智久
7. 『ダイジョウブ』2007年 NHK『どんど晴れ』比嘉愛未/内田朝陽
8. 『こころ』2007年 フジテレビ系『ファースト・キス』井上真央/伊藤英明
9. 『さよならは 言わない』2009年 フジテレビ系『トライアングル』江口洋介/稲垣吾郎
10.『グッバイ』2010年 TBS系『獣医ドリトル』小栗旬/井上真央
11.『東京の空』2011年 フジテレビ系『それでも、生きてゆく』瑛太/満島ひかり
12.『その日が来るまで』2013年 テレビ朝日系『遺留捜査(第3シリーズ)』上川隆也
13.『二人』2014年 NHK『吉原裏同心』小出恵介
14.『小さな風景』2017年 テレビ朝日系『遺留捜査(第4シリーズ)』上川隆也
15.『この道を』2018年 TBS系『ブラックペアン』二宮和也

月9から時代劇まで幅広いですね。小田さんにはいつまでも歌い続けて欲しいです。

スポンサーリンク

モーガン・フリーマン、女性8人からセクハラ告発

アメリカの人気俳優、モーガン・フリーマンが8人の女性からセクハラ被害の告発を受けていることが分かりました。CNNテレビなどは2018年5月24日、複数女性がフリーマンから体を触られるなどの不適切な行為を受けたと訴えていると報じました。

この報道に対し、改めて謝罪する一方、自らの行為と性的暴行事件を同等に語るのは適切ではないと反論するコメントを出しました。

米捜査当局は5月25日、強姦容疑などで映画界の大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン容疑者を訴追しました。フリーマンにも批判が強まっており、広告のイメージキャラクターからの降板を決める企業も出始めています。

フリーマンは「不快な思いをさせた方には謝りたい」との謝罪コメントを出しました。

優しいイメージだっただけに、残念ですね。

【日大アメフト問題】橋下徹氏、日大危機管理学部の学生に謝罪

前大阪市長の橋下徹氏(48)が、日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題に関する発言について謝罪しました。

橋下氏は2018年5月23日にツイッターで、前日に日大アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチが開いた会見を受け、「危機管理対応の記者会見なのに、あの司会は何なんだ?ほんと日本大学の危機管理能力は全くないな。日本大学危機管理部は何してる!!」と厳しく批判していました。

しかし同学部に対する発言については5月25日に、「日本大学危機管理学部の学生へ。日大アメフト部の問題で、日本大学危機管理学部をちゃかしたけど、学生を侮辱したように聞こえたなら申し訳ない!」と謝罪しました。一方で「ただ危機管理学部教授陣がチームを組むなりして学校経営陣に提言することくらいはやって欲しいな」と教授を含め大学側に対しては問題解決へ取り組むように促しました。

女子中学生と男性会社員がマンションで飛び降り自殺

2018年5月24日午前9時50分ごろ、堺市堺区北三国ケ丘町のマンションの敷地で、男女2人が倒れているのを警察官が発見しました。男性は現場で死亡しており、女子生徒は搬送先の病院で死亡が確認されました。

消防によると、通行人の男性から「近くのマンションから女性と男性が飛び降りた」と119番がありました。また、目撃者の証言によると、女子生徒が先に飛び降り、数秒後に男性が続いたそうです。

死亡した女子中学生は堺市立中学の3年生で、所持品とみられる携帯電話に、自殺をほのめかすメモが残されていたことも判明しました。

一体2人に何があったのでしょうか。

【日大アメフト問題】内田前監督ら指示否定

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、日本大の内田正人前監督、井上奨コーチが2018年5月23日、東京都内で記者会見を開き、関西学院大選手にけがをさせるよう指示したかどうかについて、内田前監督は「私からの指示ではない」と日大選手に反則行為を命じたことを否定しました。

5月19日付で監督を辞任した内田前監督は、日大の第三者委員会の調査終了まで常務理事職を一時停止して謹慎し、「その後は大学の調査の結果、ご判断に任せる」と語りました。井上コーチも「クオーターバック(QB)をつぶしにいけと言ったのは真実」としながらも、「壊せ、つぶしにいけというのは、いろいろな意味があると思っている」と語り、「指導者と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていた」とする従来の主張に沿った釈明にとどまりました。

内田前監督は、会見冒頭で被害者の関学の選手と家族に対して謝罪し、その後の井上コーチの謝罪と合わせて計5回、頭を下げましたが、日大選手への明確な「指示」は最後まで否定しました。

内田前監督らは、最後まで自分らの意志を貫くつもりでしょうか。