“模造刀男” 覚せい剤取締法違反の疑い

愛知県内の東名高速であおり運転をした後、運転手を模造刀で刺したとして、傷害の罪で起訴されていた男が、覚せい剤取締法違反の疑いで再逮捕されました。

男は2018年2月、愛知県日進市の東名高速道路上で、トレーラーの運転手の男性の右膝を模造刀で突き刺し、けがをさせた傷害の罪で起訴されています。ドライブレコーダーの映像には、男が「あおり運転」を繰り返す様子も映されていました。その後の検査で、覚醒剤の陽性反応が出ていたそうです。

覚醒剤をやったうえで他人に暴行してたちが悪いですね。薬物、ダメゼッタイ。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です