声優・高田憂希さんへの迷惑行為に、徳島県知事が異例の声明

徳島県で開催されたアニメイベント「マチ★アソビ」で起こった声優の高田憂希さんに対するファンの迷惑行為に対し、徳島県の飯泉嘉門知事とイベントの実行委員会らが声明を発表しました。

ファンは、2018年5月4日から6日まで徳島市で開催された「マチ★アソビ」でイベントに出演した高田さんの後を追って、その一部始終をTwitterに投稿していました。高田さんが入ったうどん屋に続けて入店し、店のトイレから出てきた直後に同じトイレに入り、「(高田さんが)さっき座ったトイレにきた」と報告しました。さらに、便器に手を当てた写真とともに「お尻を触ってる気分になってる」と投稿しました。この行き過ぎた行為にTwitterでは批判の声が殺到していました。

今回の騒動をうけて、飯泉知事や総合プロデューサーの近藤光氏、イベントの実行委員会らは連名で「徳島市内の飲食店にて迷惑行為があったとされる件について」との声明を発表しました。「我々はファンの皆さんとの信頼関係をベースに「マチ★アソビ」の運営を行っており、それを守り、育てていきたい」と訴えました。また、イベント参加者には「節度ある行動をお願い致します」と呼びかけています。

とても迷惑ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です