“券売機カラス”の驚異の能力、教授が解説

2018年4月29日、駅の券売機に乗ったカラスが、近くの女性が使っていたICカードをくちばしで器用に横取りし、さらに券売機に挿入しようと試みている様子が撮影された動画があがりました。これをきっかけにして、1羽のカラスが注目されました。

なぜ、ICカードに興味を示しているのか、カラスの生態に詳しい、宇都宮大学の杉田昭栄教授は「このカラスは種類としてはハシボソガラス。キラキラしたものによく興味を持ちます。遊びですよね」とICカードをおもちゃ代わりにして遊んでいるのではないかと分析しました。

また、このカラスはカメラで撮影している男性の手の上に躊躇なく飛び乗ったり、女性の肩に乗ったりと、人に慣れているという通常では見られない特徴があります。その人懐っこさから杉田教授は「ほぼ間違いなく人に飼育されていたカラス」と話しました。

人懐っこさから警戒心が緩んでしまう“券売機カラス”だが、接するときには注意も必要です。カラスがくちばしで突く力は強く、露出した部分を何度も突かれた女性スタッフの足首は傷だらけになっていました。

物珍しさからついつい近寄りたくなってしまいがちですが、杉田教授によると繁殖期を迎える5月は全国的にカラスが神経質になるため、近寄ることは避けたほうがいいそうです。

駅を利用するさいは気をつけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です