星由里子さん、74歳の若さで死去

映画「若大将」シリーズのヒロイン役などで人気を博した女優の星由里子さんが2018年5月16日に、心房細動と肺がんのため京都市の病院で亡くなりました。74歳でした。

昭和33年、東宝が募集した「ミス・シンデレラ娘」に選ばれて芸能界入りし、翌年には映画「すずかけの散歩道」で女優デビューしました。数々の映画に出演し、幅広い役柄を演じました。

2018年5月20日に、星さんの葬儀・告別式が京都市内の寺院で営まれました。親族、親しい知人ら約200人が参列しました。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です