日大アメフト問題、渦中の日大選手記者会見に登場

アメリカンフットボールの日大-関学大の定期戦(2018年5月6日、東京)で、日大の守備選手が相手選手に反則タックルをして負傷させた問題で、2018年5月22日に、渦中の日大選手の記者会見が行なわれました。

日大の選手は「本件でけがをさせてしまった関西学院大学の相手のクオーターバックの選手や家族、関係者に対して多大な迷惑をかけたことをおわびいたします」と冒頭で謝罪しました。反則行為について内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明しました。また、試合前に井上コーチから『できなかったじゃ済まされない』と言われたなど、生々しく当時の追い込まれた状況を語りました。

まだ学生である選手が顔と実名を出して謝罪をするという異例の事態となった今回の会見ですが、テレビカメラは無情にも弁護士の経緯説明や質疑応答の場面でも選手の顔をアップで放送していました。このことに対し、ネットでは怒りの声が上がっています。

会見で勇気と誠意を見せた日大選手を、まるで晒しあげるようにアップで映すのはモラルに欠けていますね。テレビ各社は対応を改めたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です