新幹線で男が刃物で切りつけ、1人死亡

2018年6月9日夜、東海道新幹線の車内で男が乗客を切りつけ、1人が死亡、女性2人がけがをした事件が起きました。殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは愛知県岡崎市の自称無職の男です。

男は6月9日夜、「のぞみ265号」の車内で、ナタで26歳と27歳の女性に切りつけてけがをさせ、それを止めようとした兵庫県の会社員の男性にも襲いかかりました。無抵抗の男性にまたがり執ように何度も切りつけていたそうです。

その後、男性は肩や胸を中心に、ナタでたたくように切りつけられた傷が数十か所あったことがわかりました。

男性の腕には、抵抗したとみられる傷もなく、警察は、男性が早い段階で致命傷を負っていたとみて詳しい状況を調べています。

なぜこのような事件を起こしたのか、動機が気になりますね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です