史上初の米朝首脳会談、トランプ・金正恩両氏が署名した共同声明

ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の会談が2018年6月12日午後1時半(日本時間同2時半)ごろ、シンガポールで合意文書に署名しました。朝から会談していた両首脳は互いに感謝し合い、トランプ氏は北朝鮮との関係や朝鮮半島の情勢は大きく変わると述べました。

トランプ大統領と金正恩委員長は新たな米朝関係の樹立と、朝鮮半島での恒久的で強力な平和体制を構築することについての問題に、包括的で詳細かつ誠実な意見交換を行いました。トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための固く揺るぎない約束を再確認しました。

前例のない首脳会談は、朝鮮半島の緊張緩和が目的です。米政府は、北朝鮮による完全かつ検証可能で不可逆な核放棄を求めており、北朝鮮が体制保証や制裁解除、経済援助と引き換えにどこまで譲歩するのかが注目されていました。

トランプ氏は当面、会談実現にこぎつけたのは自分が「最大の圧力」を北朝鮮にかけ続け、経済制裁を強化し、軍事行動も辞さない姿勢を示したからだと主張するものと見られています。

金氏にとっては、北朝鮮の旗が星条旗に並ぶ前で米大統領と握手したというそれだけで、祖父も父も果たせなかった大勝利を収めたことになります。米大統領と対等な立場で会談したことで、自分自身と北朝鮮の正統性を国際社会が承認したという文脈づくりが可能になりました。

平和実現に向けて一歩進みましたね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です