交番襲撃し警察官と警備員を殺害、犯人は元自衛官

富山市で2018年6月26日に、交番勤務中の稲泉健一警部補(46)が元自衛官の男(21)に刃物で刺され拳銃を奪われ、近くの市立奥田小学校に侵入して警備員の中村信一さん(68)に発砲した事件が起きました。その後、駆けつけた警察官に拳銃で撃たれ、逮捕されました。

当時、学校内には多くの児童がいましたが、児童や教職員にけがはありませんでした。

刺された稲泉警部補と撃たれた中村さんは死亡しました。稲泉警部補は交番の裏口をノックする音がしたのでドアを開けたところ、いきなり男に腹部などを数十カ所刺されたといいます。

男は両親と姉の4人家族で、地元の小中学校に通っていましたが、不登校気味だったそうです。2015年に陸上自衛隊に入隊しましたが、2017年3月に退職しました。その後は実家に戻り、アルバイトなどをしていたといいます。

同じ小学校に通っていた男性(26)は「おとなしく、あまり目立たないタイプだった」と振り返ります。

なぜこのような事件を起こしたのか、動機が気になりますね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です