【西日本豪雨】20時間以上閉じ込められた家族を自衛隊が救出

西日本豪雨で多数の犠牲者が出た広島県東広島市で、土砂に押しつぶされた家屋に20時間以上、閉じ込められた家族3人が自衛隊に救出されました。土砂や倒木に覆われた道を進み、救助に当たった陸上自衛隊海田市駐屯地(広島県)の田中耕一1等陸尉(48)は「何があっても助けたかった」と振り返りました。

倒壊した2階建ての木造住宅に、祖母、父親、次男の3人が取り残されたままとなっていました。田中さんら約25人の隊員が現場に着いたのは、2018年7月7日午後8時半ごろです。途中に6カ所の土砂崩れがあり、通常は1時間半ほどの道のりが、7時間もかかりました。

救助中、姿は見えなかったものの、呼び掛けへの反応があったといいます。到着から数時間後に全員を救出でき、田中さんは「無事に救出できたことを隊員みんなが喜んでいる」と話しました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です