連続自販機荒し「リュックの男」を逮捕

2018年9月23日に、埼玉県毛呂山町で自動販売機をこじ開けて現金を盗んだとして、窃盗の疑いで住居不定・無職の後藤克一容疑者(51)が逮捕されました。男は「リュックの男」と呼ばれていました。

後藤容疑者は7月16日午前~同月21日午前、毛呂山町にある自動販売機をバールや電動切断機でこじ開けて現金約1万円などを盗んだ疑いが持たれています。現場近くの防犯カメラには、リュックサックから工具を取り出して犯行に及ぶ様子が映っていました。

埼玉県警西入間署の取り調べに対し、後藤容疑者は「首都圏で300台から400台ぐらいやった」と容疑を認めています。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です