仙台警官刺殺の犯人、近所の公園でエアガンを発射

仙台市宮城野区の交番で清野裕彰巡査長(33)が刺殺された事件で、別の警察官に撃たれて死亡した東北学院大3年、相沢悠太容疑者(21)の自宅近くの公園から複数のBB弾が発見されたことが、2018年9月25日にわかりました。県警は殺人容疑で家宅捜索した相沢容疑者の自宅から複数のエアガンと数種類のBB弾を押収しました。

BB弾が落ちていたのは相沢容疑者の自宅近くの2カ所の公園です。近くの住民は、エアガンを持って公園を訪れる若い2人組の男性を目撃しています。

また、相沢容疑者の自宅から、交番で使用したBB弾とは別の種類のBB弾が発見され、銃器に強い関心を持っていたことが伺えます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です