ローソン、スマホ充電器の貸し出しサービスを開始

コンビニ大手のローソンが、2018年10月からスマートフォンの充電器の貸し出しサービスを始めることがわかりました。店内に充電器が数台入った専用スタンドが設置されます。

利用者は事前にインフォリッチのアプリをダウンロード、会員登録をしておく必要があります。インフォリッチは、スマホ充電器のシェアリングサービスなどを手がけています。

会員登録時に預け金2139円を支払います。その後、貸し出し実施店に充電器を取りに行き、専用スタンドのQRコードを読み取り、充電器を取り出します。使用後は利用客が返却する仕組みです。なお貸し出しサービスの実施店であれば、どの店舗でも返却できます。

サービス利用料金は、初めの1時間は108円、その後は48時間まで216円です。48時間経過後は充電器を返却する必要はありませんが、代わりに預け金2139円が徴収されます。

実施店舗は、東京都内の6店からはじめ、2019年2月までに100店、2021年2月までには1000店としています。

このようなサービスは商業施設でも始まっていますが、大手コンビニのローソンが参入したことでさらに拡大していきそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です