【コロンビア】タトゥーを入れた16歳女性、感染症で車椅子生活に

みなさんは、タトゥーについてどう思いますか。タトゥーを入れてしまうと、社会的・世間的な印象が悪くなるだけでなく、感染症にかかり取り返しがつかなくなるリスクもあります。

コロンビア中部カサナレ県に住むルイーザ・フェルナンダさん(16歳)も、タトゥーによって人生を台無しにした一人です。彼女は妊娠中の1年前、右胸にタトゥーを彫り入れました。しかし、そのタトゥーが原因で感染症にかかり、細菌が脊髄にまで広がったことによって生涯車椅子生活を余儀なくされました。

手術で膿などを除去したものの、今度は虫垂に問題が生じ、治療のために多くの薬を服用した結果、当時お腹にいた男の子を流産してしまいました。

子供を失った悲しみでうつ状態になり、医師からは「もう二度と歩くことはできない」と告げられたルイーザさんは、現在はソーシャルメディアで自身の経験を告白し、タトゥー施術の危険さについて注意喚起しています。

タトゥーを入れようとしている人がもしいたら、今一度よく考えてみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です