新潟の教育長、不適切な発言で辞職

新潟県新発田市の当時13歳の市立中2年の男子生徒がいじめを苦に自殺した問題で、同市の山田亮一教育長が2018年10月11日、遺族に不適切な発言をしました。山田教育長は、17日付けで辞職する見通しです。

山田教育長が5日、父親の自宅に謝罪に訪れた際、「(保護者説明会に)お前も来るか」などと話したとして、父親が不快感を示していました。

山田教育長と父親は小学校時代の担任と教え子でしたが、父親はこの場にふさわしくない発言だと指摘しました。後日、山田教育長は謝罪のコメントを発表しました。

教育長である人物が自殺を軽く見るような態度をとったのは残念ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です