茨城で飛行機が墜落、男性2人けが

2018年11月3日午後1時45分ごろ、茨城県行方市次木の雑木林に超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)が墜落しました。この事故で、操縦していた男性(69)と同乗していた男性(74)の2人が、手や脚にけがをしましたが、いずれも軽傷とみられています。

行方署によると、同日午後2時半ごろ、近隣住民が「飛行機が落ちるのを見た」と110番しました。機体は損傷していましたが、火災は発生していないそうです。署が当時の飛行ルートや詳しい状況を調べています。

大事に至らなくて良かったですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です