2018年紅白歌合戦、出場歌手決定

NHKは2018年11月14日、大みそかに放送される第69回NHK紅白歌合戦の出場歌手42組を発表しました。紅組ではあいみょんさん、白組では「純烈」ら計6組が初出場です。今月再始動した人気グループ「いきものがかり」が出場するほか、特別企画枠で椎名林檎さんと宮本浩次さんが出場し、デュエット曲を歌います。

スーパー銭湯アイドルグループ「純烈」のリーダー、酒井一圭さんは同日の会見で「平均年齢は40歳を超えたグループだが、平成最後の紅白で思い切り青春したい」とコメントしました。

グループとしては16年ぶりの出場となる「DA PUMP(ダ・パンプ)」も会見に登場しました。ISSAさんは「このメンバーで10年頑張ってきたかいがあった。できることを精いっぱいやりたい」とコメントしました。

総合司会は昨年と同じくお笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの内村光良さんとNHKの桑子真帆アナウンサーが担当します。紅組司会は女優の広瀬すずさん、白組司会は嵐の桜井翔さんが務めます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です