吉澤ひとみ被告に執行猶予付きの有罪判決

飲酒運転をして男女2人に怪我を負わせるひき逃げ事件を起こした元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告(33)に、2018年11月29日に開かれた初公判で、懲役2年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。

吉澤被告は、「間違いありません」と起訴内容を認めたうえで、反省の意を込めて芸能界を引退したこと、今回起こしたことを一生忘れないことを述べました。また、元事務所の社長により「吉澤被告は真摯(しんし)に反省している」との嘆願書が読み上げられると、涙を流し鼻をすするなど反省の表情を見せていました。

執行猶予は5年です。この期間中、どんな小さな違反もできません。被告には、反省し続けて2度と同じ過ちを犯してほしくないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です