藤井聡太七段、ニコニコ生放送に解説者として出演

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は2018年12月1日、「第4期叡王戦」の本戦トーナメント1回戦、羽生善治竜王(48)対菅井竜也七段(26)戦で、「ニコニコ生放送」の解説者として登場しました。

藤井七段は自身の対局をテレビで解説したことはありますが、放送で他の棋士の対局を解説するのは初めてです。対局の内容を落ち着いた語り口で適切に説明し、見事に大役をこなしました。

先手番が菅井七段に決まると、藤井七段は「中飛車が有力だと思います」と戦型を予想し的中させました。

初めて解説を務めたことについて、藤井七段は「対局者と自分の読み筋を比較でき、非常に勉強になりました。(自分の)対局より緊張しました」とコメントしました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です