世田谷区一家殺害、事件から18年経過

2000年12月に東京都世田谷区で一家4人が殺害された事件の発生から18年となるのを前に、被害者の宮沢泰子さん=当時(41)=の姉で絵本作家の入江杏さん(61)が2018年12月9日、都内で「ミシュカの森」と題した追悼集会を開きました。

入江さんは講演で自身の体験を話し、事件についての心情を語りました。集会には臨床心理士の東畑開人氏も参加し、心のケアについて「その人の日常を支えるのがケア。ありふれたものを守ることが大切」と述べました。

集会は22日にも上智大(東京都千代田区)で開かれます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です