マイナンバーなど個人情報70万件漏えい、国税庁が謝罪

国税庁は2018年12月14日、東京、大阪両国税局からデータ入力を委託されていたシステムズ・デザイン(東京都杉並区)が契約に反して別業者に再委託し、マイナンバーなど個人情報が含まれる約70万件の書類を流していたと発表しました。

システムズ・デザインは、給与や住所、氏名、マイナンバーが記載されている源泉徴収票などのデータ入力業務を行っていました。

マイナンバー法では、無許可の再委託は禁止されていますが、同社は繁忙を理由に国内の3業者に再委託していました。

両局は同社との契約を既に解除しました。国税庁は「納税者におわび申し上げる」としています。しかし、誰にも知られてはいけないマイナンバーが大量に流出している以上、ただでは済みません。これ以上、同じようなことが起きないよう業務の改善が必要ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です