「ナイフで首を切った」、妻殺害で夫を逮捕

愛知県豊川市のアパートで、ブラジル国籍のアルバイト、マキモリ・クラウディア・マユミさん(40)が刺殺体で見つかった事件で、事件後、行方がわからなくなっていた女性の夫で、ブラジル国籍の無職オカモト・カルロス・カツヒロ容疑者が出頭し、2018年12月23日の未明に、殺人の疑いで逮捕されました。

警察によりますと、オカモト容疑者は12月17日ごろ、豊川市豊が丘町の自宅アパートで、妻のマキモリさんを何らかの方法で殺害した疑いがあります。

12月22日深夜にオカモト容疑者が「逮捕してください」と豊川警察署に出頭してきたということです。オカモト容疑者は容疑を認めていて「ナイフで首を切った。ハンマーで数回殴った」と供述しているということです。警察は詳しい動機などを調べています。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です