【将棋】伊藤沙恵女流二段が女流AbemaTVトーナメント優勝!里見女流四冠を破る

2019年1月3日に放映された第1回女流AbemaTVトーナメント決勝で、伊藤沙恵女流二段が里見香奈女流四冠を2-1で破って優勝しました。

女流AbemaTVトーナメントは持ち時間7分、1手指す毎に7秒が加算されるフィッシャールールで行なわれました。里見女流四冠は思わず時間を使って考え込んでしまうことが多く、時間的に追い込まれていました。伊藤女流二段は決断良く指しており、これも勝因の1つでした。

【第1局】
振り駒で先手が伊藤女流二段、後手が里見女流四冠となった第1局は相振り飛車になりそうな出だしから、里見女流四冠の石田流三間飛車に対して伊藤女流二段が居飛車・棒金の珍しい戦型となりました。珍しい戦型に戸惑ったのか里見女流四冠はうまく捌くことができず、伊藤女流二段が快勝しました。

【第2局】
先手の里見女流四冠が初手に▲7八飛といきなり三間飛車に振りました。普段の対局では相居飛車と相振り飛車が多い伊藤女流二段ですが、この日は里見対策を練ってきたのか居飛車で対抗します。お互いに美濃囲いの対抗形となった将棋は、里見女流四冠の飛車を切って駒の効率で攻める仕掛けが成功し、里見女流四冠がそのまま押し切りました。

スポンサーリンク

【第3局】
あらためて振り駒が行なわれて、先手が伊藤女流二段、後手が里見女流四冠となった第3局は、後手の里見女流四冠のゴキゲン中飛車の戦型になりました。対する伊藤女流二段は4八金・5八金と金を居玉の前に並べる見たことのない構えを取ります。類型の無い将棋に里見女流四冠はとまどったのか、中盤で大きく時間を使ってしまいます。形勢を損ねた里見女流四冠は最後は時間にも追われてしまい、無念の投了となりました。

非公式戦ではありますが、女流AbemaTVトーナメントはスリリングな対局で大変盛り上がりました。優勝した伊藤沙恵女流二段は男性棋士の第2回AbemaTVトーナメントに参加します。男性棋士を破って勝ち進んで欲しいですね!

また、伊藤沙恵女流二段は女流名人戦の挑戦者にもなっており、里見香奈女流名人との5番勝負が始まります。沙恵ちゃんが悲願の初タイトルを奪取できるか、こちらも注目ですね!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です