スケート中に転倒、60代女性が死亡

2019年1月2日、青森県八戸市の長根公園にある屋外スケートリンクで60代女性が滑走中に転倒しました。公園の管理会社エスプロモによると、来場していたスケート客から「頭を打った女性がいるので対応してほしい」と連絡があり、スタッフが女性を車いすで医務室に運びました。当初意識はありましたが、その後容体が急変し、その日のうちに死亡しました。

スタッフが見た時、女性はニット帽をかぶっていましたが、ヘルメットは着用していませんでした。転倒と死亡の因果関係は不明ですが、公園側は「安全にスケートができるように注意を喚起していく」としています。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です