小室圭さんの説明文に、母親の元婚約者が反論

秋篠宮家の長女、眞子さま(27)との婚約が内定している米国留学中の小室圭さん(27)は2019年1月22日に、母親と元婚約者の男性との金銭トラブルについて、「解決済みの事柄であると理解していました」と、代理人弁護士を通じて説明文を公表しました。

小室さんの文書によると、小室さんの母親は2010年9月に男性と婚約しましたが、2012年9月に男性から解消の申し入れがあり、その際に金銭的な支援について精算したいと母親から男性に伝えたところ、男性からは「返してもらうつもりはなかった」と明確な説明があったそうです。

ところが、2013年8月ごろに男性から返済を求める手紙を受け取ったため、専門家のアドバイスを受けて返済には応じられないと答えたそうです。

これに対し、男性はお金を返さなくていいと言ったことは「一度もないです」と否定しました。また、返済の相談があったものの、少額だったため断ったことはあったと明かしました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です