彦根警官射殺、元巡査に懲役22年判決

滋賀県彦根市の交番で2018年4月、上司を射殺したとして殺人と銃刀法違反(発射・加重所持)の罪に問われた元巡査の男(20)の裁判員裁判で、大津地裁は2019年2月8日、懲役22年(求刑・懲役25年)を言い渡しました。

裁判では元巡査の犯行当時の責任能力の程度が争点となりました。事件当時は、上司の井本光(あきら)巡査部長(当時41歳)の厳しい指導で「心と体がボロボロでまともに考えられなかった」と主張、減刑を求めました。検察側は「責任能力に影響を与える精神障害は存在しなかった」とする精神科医の証言や、犯行後に交番を施錠するなど、逃走するために合理的に行動したことなどを挙げて完全責任能力を主張しました。

判決などによると、元巡査は2018年4月11日午後7時45分ごろ、滋賀県警彦根署の河瀬駅前交番で拳銃を2発発射し、巡査部長の後頭部と背中に命中させて殺害しました。逃走中の午後8時半ごろまで、拳銃と実弾3発を所持していました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です