同性婚求め各地で一斉提訴

2019年2月14日、バレンタインデー。この日、同性同士のカップルが結婚できないのは憲法が保障する結婚の自由や平等原則に違反するとして、全国で暮らす同性カップル13組が、東京、大阪、名古屋、札幌で、一斉に提訴しました。

弁護団によると、憲法では結婚について「両性の合意のみに基づいて成立」と定めていますが、同性同士を禁止しているとはいえず、同性婚を認めない現在の民法などは「結婚の自由を侵害している」と訴えます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です