藤井聡太七段、2連覇達成

2019年2月16日午後から開かれた第12回朝日杯将棋オープン戦の本戦決勝で、藤井聡太七段(16)が渡辺明棋王(34)に勝ち、2連覇を果たしました。

朝日杯は持ち時間各40分の早指し棋戦でした。決勝は観戦可能な公開対局で、約600人のファンが対局場で見守りました。

両者、一歩も譲らず、接戦が続きました。しかし、藤井七段が一瞬の隙を突いて攻めに転じ、そのまま押し切り、2連覇を果たしました。藤井七段の今年度の公式戦成績は40勝7敗(勝率8割5分1厘)となりました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です