養護施設長殺害事件、わずか5分間の犯行

2019年2月25日に、東京都渋谷区の児童養護施設「若草寮」で施設長の大森信也さん(46)が刃物で刺されて殺害されました。この事件で、殺人未遂容疑で逮捕された元入所者の住所・職業不詳、田原仁(ひとし)容疑者(22)が、施設への侵入から5分間のうちに犯行に及んでいたことがわかりました。

田原容疑者は25日午後1時45分ごろ、施設の玄関から侵入しました。5分後、玄関近くの施設長室で職員が刃物で刺された状態の大森さんを発見し、110番通報しました。

大森さんの胸に刺さっていた刃物の柄は取れており、激しく突き刺した衝撃で取れたとみられています。田原容疑者は「刃物は事件の2、3週間前に100円ショップで購入した」と供述しました。

警察は確定的な殺意を持ち、強い力で何度も刺したとみて詳しい動機を調べています。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です