新井浩文被告、保釈か

自宅で女性に性的暴行を加えたとして、強制性交の罪で起訴された俳優の新井浩文被告(40)について、東京地裁は2019年2月27日、保釈を認める決定を出しました。新井被告は500万円の保釈保証金を納付して保釈されました。

午後9時14分、新井被告は黒のワゴン車に乗り込んだ状態で、勾留されていた東京・霞が関の警視庁本部を後にしました。

敷地から新井被告を乗せたワゴン車が出てくると多くのフラッシュがたかれ、報道陣から「新井被告、一言お願いします」と呼びかけられるも、車内はカーテンが引かれ中の様子は見えなかったそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です