肺がん治療薬副作用で52人死亡

肺がん治療薬「タグリッソ」の使用後に間質性肺疾患などの副作用とみられる症状が出て、約2年半の間に52人が死亡していたことが、2019年2月28日にわかりました。

タグリッソは「EGFR」という遺伝子に突然変異があるタイプの肺がんの治療薬です。製造販売するアストラゼネカが2016年3月から2018年8月までの全使用例を調査したところ、3578人のうち、下痢や発疹などの副作用が2079人に出て、うち52人が死亡していました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です