池江璃花子選手、東日本大震災への思い投稿

白血病を公表した競泳女子の池江璃花子(18)が2019年3月11日、自身のツイッターを更新しました。

「8年前の今日3月11日、罪のない人たちが大勢なくなりました。違う形ではあるけれどわたしは全力で生きます」と、「3・11」への思いをつづりました。

「今日久々にベットの上から空を見上げました。外の光でさえしんどく感じてしまうほどでしたが、夕日が沈み、空が青くてとっても綺麗です。みんなは今何をしてるのかなって思います」。

池江選手に届いた手紙のなかには、「1歳のお子さんが白血病になってしまった」という内容があり、「どんな形であろうとみんな頑張っている事、みんなの気持ちになる事、本当に大事なことを日々学んでいます」としました。

最後に「私は出れなくて悔しいけど、日本選手権、ぜひ会場まで足をお運びください」と、4月の日本選手権(東京)への応援を呼びかけました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です