ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』、予定通り公開へ

映画配給大手の東映は2019年3月20日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者が出演する映画「麻雀放浪記2020」を予定通り4月5日に公開することを決定しました。瀧容疑者の出演シーンについてもノーカットで公開するそうです。

20日、東京都内の本社で開かれた会見では多田憲之社長が「映画会社の責任として完全な形で公開したい」と語りました。多田社長は、賛否両論の意見が寄せられることは覚悟しているとしながら、「劇場での上映は有料であり、かつ鑑賞の意志を持ったお客様が来場し鑑賞するというクローズドなメディアでありますので、テレビ放映またはCM等とは性質が異なります」と述べました。

東映によると、公開前に出演者が犯罪行為によって逮捕された作品を公開するのは「東映としてはおそらく今回が初めて」だそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です