犯人宅からコート押収、杉並の保育士殺害事件

東京都杉並区下井草のアパート2階の一室で住人の保育士、照井津久美(つぐみ)さん(32)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同僚の保育士、松岡佑輔容疑者(31)の自宅から、犯行時に身につけていたとみられるコートが見つかっていたことが2019年3月31日にわかりました。

松岡容疑者は「刺していません」などと容疑を否認しているものの、現場に残された遺留物のDNA型が松岡容疑者と一致したことも判明しました。

松岡容疑者は31日、送検のため捜査本部が置かれた荻窪署から出る際、表情を変えることなく警察車両に乗り込みました。

6年ほど前から照井さんと同じ乳児院に勤務していましたが、2人は交際しておらず、職場でも目立ったトラブルはありませんでした。2人の間に一体何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です