ピエール瀧被告、保釈へ

東京地裁は2019年4月4日、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕され、2日に起訴されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバー、ピエール瀧こと瀧正則被告(51)を保釈しました。弁護士が3日に保釈を申請し、東京地裁がこの日認める決定をしました。保釈保証金は400万円です。

午後7時過ぎに黒色のスーツ姿で東京湾岸署の前に現れると「私の反社会的行為により大変多くの皆さまにご迷惑とご心配をお掛けしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした」と深々と約30秒間頭を下げました。

2日の起訴を受け、所属事務所が同日夜に、公式サイトで「マネジメント契約を解除いたしました。なお、本件に関しましては、引き続き誠意をもって対応させていただく所存です」と声明文を掲載しました。

瀧被告の逮捕により、ドラマのキャスト変更やロックフェスティバル中止など影響が広がっており、賠償金が芸能界史上最高の計5億円を超える可能性もあるとされています。

地検の発表によると、瀧被告は3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンションの一室でコカイン若干量を使用したとされています。「20代の頃からコカインや大麻を使っていた」と容疑を認めています。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です