【将棋イベント報告】山口恵梨子女流二段、和田あき女流初段ら登場 2019/6/9@盛岡

2019年6月9日(日)に盛岡・岩手教育会館で行なわれた将棋日本シリーズ「東日本大震災復興支援JT応援プロジェクト」に参加してきました。出演棋士は高野秀行六段、金井恒太六段、鈴木環那女流二段、山口恵梨子女流二段、和田あき女流初段でした。内容は「プロ・アマリレー対局」、「次の一手クイズ」、「多面指し(指導対局)」、「出演棋士全員によるトークショー」でした。

スポンサーリンク

第一部は「プロ・アマリレー対局」です。高野六段チームと鈴木女流二段の対局で、それぞれに大人1名・子供2名が加わった1チーム4名の構成です。事前に選ばれていた方々のようで、アマもかなり強かったです。プロ棋士は9手で交代、アマは3手で交代で、プロ対アマの構図になるように配慮されていました。将棋は相矢倉の脇システムとなり、先手の高野六段チームが猛攻を仕掛け、後手の鈴木女流二段チームが必死に受ける展開となりました。解説の金井六段が思わず「これは並みの指し手ではない」と言うほど矢倉の得意な高野六段の指し手が冴えわたっており、高野六段チームが押し切りました。

第二部は「多面指し(指導対局)」と「次の一手クイズ」が並行して行なわれました。指導対局は抽選でしたが、私は幸運にも対局者に選ばれました。和田あき女流初段に「飛車落ち」で臨み、なんとか勝つことができました。緩めていただいたのでしょうが、和田女流から「お強いですね」と言われ、最高にハッピーです。

並行して行なわれた「次の一手クイズ」はどちらかと言うと過去のJT杯の解説会で、佐藤(康)vs中村(太)、羽生vs豊島が取り上げられていました。

スポンサーリンク

第三部は出演棋士全員によるトークショーです。山口女流が以前盛岡に佐藤康光会長と来たときに時間がほどんど無い中、盛岡冷麺を御馳走してもらった話をしたところ、高野六段は冷麺→焼肉つながりで、佐藤康光竜王の頃、30人ほどで焼肉屋に行きカルビが無くなってしまったときに「それなら上カルビはありませんか?」と男前な発言をしたエピソードを披露していました。

最後は出演棋士全員と握手して帰りました。とても楽しいイベントでした。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です