ジョン・レノン『ロックンロール』ビートルズの原点が詰まったカバーアルバム

1975年2月に発売されたジョン・レノンのアルバム『ロックンロール』を紹介します。原題は、John LennonRock’n’Roll』。
ジョンが10代の多感な時期に出会った1950年代のロックンロールを気持ち良く歌っているアルバムです。ジャケットは1961年のメジャーデビュー前のビートルズで、若き日のジョンの前を横切る影はポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、スチュアート・サトクリフです。

アルバム制作期はジョンが人生のスランプに陥った時期で、ヨーコと別居し、酒とドラッグに溺れていました。1973年10月にフィル・スペクターをプロデューサーに招いてレコーディングを開始するも、精神的に病んでいたフィル・スペクターがマスターテープを持ち逃げするという事態に見舞われます。その後マスターテープは取り戻したものの使える曲が4曲しかなかったため、ジョンは1974年10月にフィル・スペクター抜きで再レコーディングを行ない1年掛かりで本アルバムを完成させました。

スポンサーリンク

それではアルバムを紹介していきましょう。(オリジナルがレコード盤なので、A面・B面で紹介します。)

A-1 ビー・バップ・ア・ルーラ

ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップスが1956年に発表した曲です。広く知られた、ロカビリーの代表曲です。本曲はポール・マッカートニーが初めて買ったレコードとしても有名で、まさにビートルズの原点となった曲です。ポールもライヴアルバム『公式海賊盤 Unplugged (The Official Bootleg)』でトップに収録しており、ジョンもポールもアルバム1曲目に選んだ、思い入れたっぷりの曲です。

A-2 スタンド・バイ・ミー

ベン・E・キングが1961年に放ったヒット曲で、1986年に同名小説の映画主題歌に使用されたことでオリジナルも日本で大ヒットとなりました。ジョンのアレンジも素晴らしく、シングルリリースしています。ジョンはリバプール時代に本曲を歌い込んでおり、完全に自分のものにしています。ジョンのオリジナル曲と勘違いしている人も多いのではないでしょうか。

A-3 メドレー:リップ・イット・アップ/レディ・テディ

リトル・リチャードが1956年に発表したシングルのA面・B面をメドレーで歌っています。リトル・リチャードはジョンのアイドルで、このシングル盤を擦り切れるほど繰り返し聴いたであろうジョンの姿が目に浮かびます。

A-4 ユー・キャント・キャッチ・ミー

フィル・スペクターがプロデュースした4曲のうちの1曲で、オリジナルはチャック・ベリーが1956年に発表した曲です。ジョンがビートルズ時代に発表した『カム・トゥゲザー』は本曲に酷似しており、チャック・ベリーの楽曲の出版権者モリス・レヴィはジョンを著作権侵害で訴えます。モリス・レヴィは告訴しない条件として自身が出版権を持つ曲をカバーすることをジョンに要求したため、ジョンは本カバーアルバムの制作を行ないました。

A-5 エイント・ザット・ア・シェイム

オリジナルはファッツ・ドミノで1955年のヒット曲です。私が本アルバムで一番好きな曲で、ジョンは最高のパフォーマンスを見せています。ポールも好んで取り上げている曲で、アルバム『バック・イン・ザ・U.S.S.R.(原題:Choba B CCCP)』『ポール・マッカートニー・ライブ!!』に収録されています。

A-6 踊ろよベイビー

原題は『Do You Want To Dance』。ボビー・フリーマンが1958年にヒットさせた曲で、1965年にはビーチ・ボーイズによるカバーがヒットしスタンダードナンバーとして定着しました。ジョンはレゲエ風に仕上げています。

A-7 スウィート・リトル・シックスティーン

チャック・ベリーの代表曲の1つで1958年に発表した曲です。1963年にビーチ・ボーイズが『サーフィン・U.S.A.』のタイトルでリメイク(替え歌)して不動のナンバーとなりました。本アルバムでフィル・スペクターがプロデュースした4曲のうちの1曲です。ビートルズ時代にも取り上げており『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』にラジオでのライヴ音源が収録されています。

スポンサーリンク

B-1 スリッピン・アンド・スライディン

オリジナルはリトル・リチャードで、ビートルズのカバーでも有名な『ロング・トール・サリー』のB面曲でした。ジョンのパフォーマンスは疾風のようです。

B-2 ペギー・スー

バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツの1957年のヒット曲です。バディ・ホリーは22歳の若さで亡くなったロックンロール草創期のスターで、ビートルズに決定的な影響を与えたアーティストです。ポール・マッカートニーはバディ・ホリーの版権を所有しており、「3コード、バンド、立って楽器を弾くスタイル、ビートルズはクリケッツの真似から始まった」とビートルズの原点がバディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツであったことを明かしています。

B-3 メドレー:悲しき叫び/センド・ミー・サム・ラヴィン

『悲しき叫び』の原題は『Bring It On Home To Me』で、1962年にサム・クックが発表した曲です。1965年にはビートルズとも仲が良かったアニマルズがカバーしてヒットしています。続く『センド・ミー・サム・ラヴィン』もサム・クックが1963年にヒットさせた曲ですが、オリジナルはリトル・リチャードが1957年に発表したシングル『ルシール』のB面曲でした。

B-4 ボニー・モロニー

ラリー・ウィリアムズが1957年に発表した曲で、本アルバムでフィル・スペクターがプロデュースした4曲のうちの1曲です。ジョンはラリー・ウィリアムズが好きで、『スロー・ダウン』『ディジー・ミス・リジー』『バッド・ボーイ』とビートルズ時代に好んでカバーしていました。

B-5 ヤ・ヤ

オリジナルは1961年にリー・ドーシーが歌ってヒットしたロックンロールナンバーです。ジョンのアルバム『心の壁、愛の橋』では、当時10歳の息子ジュリアン・レノンが叩くマーチングドラムに合わせての本曲の即興演奏が収録されています。

B-6 ジャスト・ビコーズ

オリジナルは1957年のロイド・プライスで、本アルバムでフィル・スペクターがプロデュースした4曲のうちの1曲です。アルバム最後はいかにもフィル・スペクターっぽいエコーが掛かったゆったりとした曲で締めくくられます。

ジョン・レノン『ロックンロール』はおすすめアルバムです。聴いたことが無い方は、ぜひ聴いてみてください!

スポンサーリンク

ジョン・レノン『平和の祈りをこめて』ぶっつけ本番の初ライヴアルバム

1969年12月12日に発売されたジョン・レノン率いるプラスティック・オノ・バンドのライヴアルバム『平和の祈りをこめて』を紹介します。原題は『Live Peace in Toronto 1969』。日本でのリリースは1970年2月5日でした。

1969年9月13日にカナダのトロントで開かれた「ロックンロール・リバイバルショー」に出演したプラスティック・オノ・バンドのライヴアルバムです。プラスティック・オノ・バンドとしての初のステージで、このバンドはジョンとヨーコ以外は常にメンバーが入れ替わりますが、この日は以下の最強の布陣でした。

 ジョン・レノン(ヴォーカル、ギター)
 オノ・ヨーコ(ヴォーカル)
 エリック・クラプトン(ギター)
 クラウス・ブーアマン(ベース)
 アラン・ホワイト(ドラムス)

ジョンがこのコンサートへの出演を決めたのは、なんとコンサート前日でした。当時はまだセミプロだったアラン・ホワイトはジョンからの電話での誘いに半信半疑のまま空港へ向かいましたが、そこにはジョン本人とエリック・クラプトンが待っていたと振り返っています。とにかく出演までの時間が無かったため、リハーサルは飛行機の中で行なわれ、アラン・ホワイトはドラムスのスティックで座席の背もたれを叩いてのリハーサルでした。ジョン自身もステージで「おなじみの曲をやるよ。いっしょに演奏するのは初めてだから」とMCした、ぶっつけ本番のライヴでした。

スポンサーリンク

それではアルバムを紹介していきましょう。(オリジナルがレコード盤なので、A面・B面で紹介します。)

A-1 ブルー・スウェード・シューズ

1956年にカール・パーキンスが発表した曲で、同年にエルビス・プレスリーも歌っていました。メジャーデビュー前のビートルズでジョンのレパートリーとして演奏されていた曲ですが、ビートルズとしてスタジオレコーディングはされませんでした。ジョンらしい勢いのあるヴォーカルで歌っています。

A-2 マネー

バレット・ストロングが1959年にリリースした楽曲のカバーです。ビートルズ2枚目のオリジナルアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』収録曲で、喉を振り絞り熱唱するドスのきいたジョンのヴォーカルは圧倒的であり、破壊的です。ヨーコはジョンの傍らで白い袋に入るパフォーマンスを行なっていました。

A-3 ディジー・ミス・リジー

ラリー・ウィリアムズが1958年にヒットさせたロックンロールをジョンは気持ちよくカバーしています。迫力のあるジョンのシャウティングは最高です。ビートルズ5枚目のオリジナルアルバム『ヘルプ!』(邦題『4人はアイドル』)に収録されていました。後半にヨーコのノイジーな金切り声が入っています。

A-4 ヤー・ブルース

ビートルズの2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』(俗称『ホワイトアルバム』)に収録されていたジョンのオリジナル曲です。ミディアムテンポのヘビーなブルースで、ずっしりと重いギターが鳴り響く、ビートルズ後期に書かれたジョンのヘビーなロックンロールです。1968年12月11日にローリングストーンズが主導して撮影されたスタジオライヴ映像作品『ロックンロールサーカス』にジョンは出演し、そこでも本曲を演奏していますが、そのときのリードギターもエリック・クラプトンでした。

スポンサーリンク

A-5 冷たい七面鳥(コールド・ターキー)

プラスティック・オノ・バンド2枚目のシングル曲ですが、このライヴの時点では未発表曲でした。ジョンは「うまくできるといいけど」と言って歌い始めます。シングルのアレンジとは違い、ヨーコお得意のノイジーな叫びがフューチャーされています。

A-6 平和を我等に

原題は『Give Peace A Chance』。1969年7月に発売されたプラスティック・オノ・バンドのデビューシングルで、ラヴ&ピースを標榜したジョンの代表曲の1つです。本曲のジョンの歌い方はラップの走りと言われています。盟友ポール・マッカートニーが自身のコンサートで何度も取り上げたことがあるジョンの代名詞的な曲で、リンゴ・スターも最近の自身のコンサートでのラストの曲として毎回取り上げています。

B-1 京子ちゃん心配しないで(ドント・ウォリー・キョーコ)

B面はヨーコのステージになります。『冷たい七面鳥(コールド・ターキー)』のB面曲で、ヨーコと前夫との間の子供である京子に向けてヨーコが叫びます。

B-2 ジョン・ジョン(平和の願いを)

ヨーコがジョンの名を叫んで平和を訴えます。バンドはフィードバックやノイジーな音を出し続けます。最後はアンプにギターを立てかけてハウリングを起こしたままメンバーはステージを去りました。ビートルズファンは度肝を抜かれたアバンギャルドミュージックでした。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ/ザ・プラスティック・オノ・バンドの『平和の祈りをこめて(ライヴ・ピース・イン・トロント1969)』はおすすめアルバムです。聴いたことが無い方は、ぜひ聴いてみてください!

スポンサーリンク

ジョン・レノン『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』超攻撃的な問題作

1972年に発売されたジョン・レノンとオノ・ヨーコの共作アルバム『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』を紹介します。原題は『Sometime in New York City』。
スタジオ録音の1枚に、ライヴ録音の1枚がおまけで追加された2枚組アルバムでした。スタジオ録音はジョン、ヨーコ、ジム・ケルトナー(ドラムス)と、エレファンツ・メモリーというバンドの面々による演奏でした。

ジョン・レノンのアルバムの中で最も政治的かつ攻撃的な作品です。ニューヨークを拠点として活動を開始したジョンとヨーコは左翼活動家らと親交を深めますが、ジョンの行動はホワイトハウスの目の上のたんこぶとなり、ジョンの米国滞在ビザ延長申請を却下します。怒ったジョンは当時の政治問題、社会問題を本アルバムにぶつけました。新聞風のアルバムジャケットにはニクソン大統領と毛沢東主席が裸踊りをする写真もある過激さでした。

それではアルバムを紹介していきましょう。(オリジナルがレコード盤なので、A面・B面・C面・D面で紹介します。)

スポンサーリンク

A-1 女は世界の奴隷か!

原題は『Woman is the Nigger of the World』。ジョンとヨーコの共作で、ヴォーカルはジョンです。日本とアメリカでシングル発売されましたが、アメリカではNiggerが差別用語のため放送禁止曲となっています。サウンドは1950年代風のR&Bで、ジョンは「世界で初めて女性運動について唄った歌」と発言しています。ヨーコと出会ったジョンは自分の中にあった男性優位の意識に気付き、女性に対して謝罪の気持ちを持つようになります。そしてそれはショーンが生まれた後の主夫生活に結びつきます。

A-2 シスターズ・オー・シスターズ

ヨーコの作品で、ヴォーカルもヨーコです。前曲に引き続き、女性解放運動の曲です。ブギウギに乗せて、ヨーコの歌声は可愛らしいです。

A-3 アッティカ・ステート

ジョンとヨーコの共作で、パワフルで攻撃的なヴォーカルを二人で取っています。1971年にニューヨーク州アッティカ刑務所で暴動が起きた際の発砲で43人の死亡者が出た事件を歌った曲で、緊迫感のある演奏になっています。

A-4 ボーン・イン・ア・プリズン

ヨーコの作品です。前曲に引き続き、刑務所がテーマになっています。ゆったりとした曲ですが、「私たちは刑務所で生まれ、刑務所で育てられ、学校という名の刑務所へ送り込まれる」という重いメッセージソングです。ヨーコのヴォーカルに、サビでジョンの声が重なります。

A-5 ニューヨーク・シティ

ジョンの作品で、ヴォーカルもジョンです。ストレートなロックンロールで、本アルバムの中で唯一の爽快感のある作品です。ニューヨークの躍動感とその刺激を受けたジョンの高揚が伝わってくる曲です。

スポンサーリンク

B-1 血まみれの日曜日

原題は『Sunday Bloody Sunday』。ジョンとヨーコの共作で、1972年1月30日に北アイルランドで市民権行進に参加した非武装市民を英国軍が射殺した「血の日曜日」と呼ばれる事件について歌っています。この事件に怒ったジョンは、北アイルランド紛争問題を全世界に告発するために本曲を書きました。半端ない緊張感が漂う曲でメインヴォーカルはジョンですが、サビはヨーコが歌っています。

B-2 ザ・ラック・オブ・ジ・アイリッシュ

ジョンとヨーコの共作で、この曲もメインヴォーカルはジョン、サビがヨーコの構成です。フォークソング風のやさしいメロディーの曲ですが、歌詞のほうは前曲に引き続きイギリス政府の北アイルランド政策に対する激しい批判となっています。

B-3 ジョン・シンクレア

ジョンの作品で、ジョンがギターの弾き語りで歌う曲です。ジョン・シンクレアとはベトナム戦争の反戦活動家で、マリファナ所持により通常よりも重い懲役10年の実刑を受けた実在の人物です。ジョンはこの曲を1971年12月10日にミシガン州で行なわれたジョン・シンクレア支援コンサートで披露し、その数日後にシンクレアは釈放されています。

B-4 アンジェラ

ジョンとヨーコが共作した美しいメロディーの曲で、二人でヴォーカルを取っています。前曲に引き続き、無実の政治犯を解放せよと呼びかける内容で、黒人の女性活動家アンジェラ・デイビスに対する不当な弾圧を告白した歌です。

B-5 ウィ・アー・オール・ウォーター

アルバム1枚目の最後は2つのものを並べて大した違いはないと歌うヨーコの作品です。その最初が「毛沢東とニクソンは大した違いはない。二人を裸にしてみれば」でジャケット写真につながります。

C-1 冷たい七面鳥(コールド・ターキー)
C-2 京子ちゃん心配しないで(ドント・ウォリー・キョーコ)

おまけの2枚目はライヴアルバムで、C面は1969年12月15日にロンドンで行なわれたユニセフのチャリティーコンサートから2曲です。1曲目はプラスティック・オノ・バンド名義で1969年10月にシングルリリースされたジョンの2枚目のソロシングル『コールド・ターキー』、2曲目はそのB面曲であるヨーコの『ドント・ウォリー・キョーコ』でした。参加メンバーが豪華で、ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン、クラウス・ブーアマンら多数の有名ミュージシャンが参加しています。

D-1 ウェル(ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー)
D-2 ジャムラグ
D-3 スカンバッグ
D-4 オー

D面は1971年6月5日~6日にニューヨークのフィルモア・イーストで行なわれたフランク・ザッパ&マザース・オブ・インヴェンションとのライヴセッションです。ヨーコの金切り声が鳴り響くアバンギャルドミュージックです。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコの『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』はおすすめアルバムです。聴いたことが無い方は、ぜひ聴いてみてください!

スポンサーリンク

ジョン・レノン『ヌートピア宣言』内省的な落ち着いたアルバム

1973年11月に発売されたジョン・レノンのアルバム『ヌートピア宣言』を紹介します。原題は、John LennonMind Games』。

1973年4月2日、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻は記者会見を開き、前日の4月1日(エイプリルフール)に新国家「ヌートピア」を建国したことを発表しました。

ヌートピアはその国民になることを望む人々によって構成される概念上の国家で、本アルバムにはその国歌樹立宣言が記載されていました。

本アルバムは前作『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』の超攻撃的な姿勢は鳴りを潜め、落ち着いたトーンのアルバムになっています。歌詞も内省的なものが多く、ジョンのアルバムの中では地味な印象のアルバムですが、1曲1曲は佳作が多いです。音楽評論家からは辛辣な批評もあったアルバムですが、ジョンのヴォーカルは力強く、参加ミュージシャンの演奏も素晴らしい、安定感のあるアルバムになっています。

スポンサーリンク

それではアルバムを紹介していきましょう。(オリジナルがレコード盤なので、A面・B面で紹介します。)

A-1 マインド・ゲームス

本アルバムからの唯一のシングル曲で、私が選ぶジョンの名曲ベスト5に入る曲です。壮大かつ繊細な曲で、ジョンは本曲について次のように発言しています。

「ああ、あれはいいよ。とにかく楽しく作った曲でね。声はステレオで入っているし、オーケストラみたいに聴こえるけど、あれは僕一人がスライドギターを使って三つの音を出しているだけなんだ」

元々は『メイク・ラヴ・ノット・ウォー』という別の歌詞が付けられていた曲で、ジョンはそのことについても発言しています。

「この曲はもともと『メイク・ラヴ・ノット・ウォー』と呼ばれていた。でも、今じゃもう口のできないほどの陳腐な言葉になってしまった。だから僕は同じ意味のメッセージを別の表現で書いたんだ。マインドゲームス、マインドゲリラってね。『イマジン』なんかとも同じだよ」

1970年頃の『メイク・ラヴ・ノット・ウォー』のデモ録音が『ジョン・レノン・アンソロジー』に収録されています。ジョンの発言は続きます。

「これはいい演奏さ。いつ聴いてもこのサウンドはいいな。僕たちが60年代にずっと言い続けてきたこと~ラヴ&ピースをその言葉を使わないで表現しただけのことだ。ラヴ&ピースなんてジョークになっちゃったものね」

A-2 タイト・A$

ファンキーで軽快な曲で、歌詞はスラングが多用されています。ジョンの楽曲の中では駄作の部類に入るかな、が個人的感想です。

A-3 あいすません

日本語のタイトルが付けられた曲で「あいすみません」なのに「あいすません(AISUMASEN)」となっているのが可笑しいです。日本語で「あいすみません、ヨーコ」と歌われるヨーコへのラヴソングです。

A-4 ワン・デイ

美しいメロディーのバラード曲です。ジョンはファルセットで歌っています。ビートルズ最後のアルバム『アビイロード』に収録されていた『ビコーズ』に似たイメージの曲です。

A-5 ブリング・オン・ザ・ルーシー

リズミカルで爽快な曲で、女性コーラスをバックにジョンは力強く歌っています。「すべての人々を自由にして希望をもたらせ」「殺人を今すぐ止めろ」と歌われるメッセージソングです。

A-6 ヌートピア国際賛歌

原題は『Nutopian International Anthem』。無音状態が6秒間続くだけの前衛音楽?です。その間に想像した好きな歌がヌートピア国歌になるという趣向でした。

B-1 インテューイション

インテューイションは直訳すると「直感」で、ジョンは「直感が希望の地へと運んでくれる。直感は裏切るはずがない」と歌っています。直感で生きてきたジョンらしい曲で、メロディーもキャッチ―です。

B-2 アウト・ザ・ブルー

ヨーコとの出会いを感慨深く振り返り、ヨーコへの感謝を綴った曲です。とても美しいメロディーの曲で、演奏もダイナミックです。本アルバムの中で『マインド・ゲームス』と並ぶ名曲です。

B-3 オンリー・ピープル

「人と話し合えるのは、やっぱり同じ人だけさ」とヒューマニティーの重要性を歌ったメッセージソングです。楽し気なメロディーに乗せて、ジョンは躍動的に歌っています。

B-4 アイ・ノウ

内省的な歌詞の曲で、歌い出しは落ち着いていますが、サビからジョンらしさが爆発します。ヨーコへのひたむきな愛を歌うジョンのラヴソングです。

B-5 ユー・アー・ヒア

「リバプールから東京まで、それは長い道のり」という歌い出しで始まるジョンとヨーコの奇跡の出会いと運命を歌った曲です。トロピカルな雰囲気のあるメロディーに乗せて、ジョンはゆったりとしたヴォーカルを聴かせています。

B-6 ミート・シティ

アルバムの最後はビートルズを彷彿とさせるワイルドなロックンロールで締めくくられます。ジョンはエネルギッシュにシャウトしており、その歌いまわしには余裕が感じられます。シングル『マインド・ゲームス』のB面曲でもありました。

ジョン・レノン『ヌートピア宣言』はおすすめアルバムです。聴いたことが無い方は、ぜひ聴いてみてください!

鈴木康博がももいろクローバーZと共演!小田和正のあの名曲を熱唱!

2019年3月13日にフジテレビNEXTで生放送された「坂崎幸之助のももいろフォーク村」に元オフコースの鈴木康博(ヤスさん)が出演して、ももいろクローバーZや坂崎幸之助と共演しました。

『一億の夜を越えて』『でももう花はいらない』『のがすなチャンスを』といった代表曲を演奏したヤスさんですが、この日は坂崎幸之助のリクエストに応えて『水曜日の午後』を歌ったのが大変なレア演奏でした。オフコースのファーストアルバムに収められた小田さんの名曲でメインヴォーカルも小田さんでしたが、オフコースのライヴアルバム『秋ゆく街で』ではヤスさんがメインヴォーカルを取っていることを坂崎幸之助が覚えていて、ヤスさんに質問していました。ヤスさんは「私に対する楽曲提供のつもりだったのでしょう」と応じていました。坂崎幸之助は「当時二人は声がそっくりだった。ユニゾンがめっちゃきれいで」と懐かしんでいました。

孫のような「ももクロ」と共演したヤスさん、とても楽しそうでした。

ヤスさん、いつまでも元気にライヴを続けてください!

【将棋イベント報告】山口恵梨子女流二段、和田あき女流初段ら登場 2019/6/9@盛岡

2019年6月9日(日)に盛岡・岩手教育会館で行なわれた将棋日本シリーズ「東日本大震災復興支援JT応援プロジェクト」に参加してきました。出演棋士は高野秀行六段、金井恒太六段、鈴木環那女流二段、山口恵梨子女流二段、和田あき女流初段でした。内容は「プロ・アマリレー対局」、「次の一手クイズ」、「多面指し(指導対局)」、「出演棋士全員によるトークショー」でした。

第一部は「プロ・アマリレー対局」です。高野六段チームと鈴木女流二段の対局で、それぞれに大人1名・子供2名が加わった1チーム4名の構成です。事前に選ばれていた方々のようで、アマもかなり強かったです。プロ棋士は9手で交代、アマは3手で交代で、プロ対アマの構図になるように配慮されていました。将棋は相矢倉の脇システムとなり、先手の高野六段チームが猛攻を仕掛け、後手の鈴木女流二段チームが必死に受ける展開となりました。解説の金井六段が思わず「これは並みの指し手ではない」と言うほど矢倉の得意な高野六段の指し手が冴えわたっており、高野六段チームが押し切りました。

第二部は「多面指し(指導対局)」と「次の一手クイズ」が並行して行なわれました。指導対局は抽選でしたが、私は幸運にも対局者に選ばれました。和田あき女流初段に「飛車落ち」で臨み、なんとか勝つことができました。緩めていただいたのでしょうが、和田女流から「お強いですね」と言われ、最高にハッピーです。

並行して行なわれた「次の一手クイズ」はどちらかと言うと過去のJT杯の解説会で、佐藤(康)vs中村(太)、羽生vs豊島が取り上げられていました。

第三部は出演棋士全員によるトークショーです。山口女流が以前盛岡に佐藤康光会長と来たときに時間がほどんど無い中、盛岡冷麺を御馳走してもらった話をしたところ、高野六段は冷麺→焼肉つながりで、佐藤康光竜王の頃、30人ほどで焼肉屋に行きカルビが無くなってしまったときに「それなら上カルビはありませんか?」と男前な発言をしたエピソードを披露していました。

最後は出演棋士全員と握手して帰りました。とても楽しいイベントでした。ありがとうございました。

【リアル万引き家族】漫画本、家族で万引きか

津市のリサイクルショップで漫画の単行本を万引きしたとして、津市内在住の親子3人が窃盗の疑いで逮捕されました。父親は「生活に困ってやった」などと話しています。

3人は、2018年6月、津市高茶屋小森町のリサイクルショップで、漫画の単行本11冊を万引きしたとして、窃盗の疑いがもたれています。警察が防犯カメラの解析を進めた結果、息子が単行本を盗み、夫婦が現場で見張り役をしていたことが分かりました。盗んだ単行本は夫が転売していたとみられ、警察は、家族3人で万引きを繰り返していたとみて調べています。

調べに対し、父親は「間違いありません」と容疑を認めている一方、息子は一部否認し、妻は容疑を全面的に否認しているということです。

ピエール瀧被告、保釈へ

東京地裁は2019年4月4日、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕され、2日に起訴されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバー、ピエール瀧こと瀧正則被告(51)を保釈しました。弁護士が3日に保釈を申請し、東京地裁がこの日認める決定をしました。保釈保証金は400万円です。

午後7時過ぎに黒色のスーツ姿で東京湾岸署の前に現れると「私の反社会的行為により大変多くの皆さまにご迷惑とご心配をお掛けしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした」と深々と約30秒間頭を下げました。

2日の起訴を受け、所属事務所が同日夜に、公式サイトで「マネジメント契約を解除いたしました。なお、本件に関しましては、引き続き誠意をもって対応させていただく所存です」と声明文を掲載しました。

瀧被告の逮捕により、ドラマのキャスト変更やロックフェスティバル中止など影響が広がっており、賠償金が芸能界史上最高の計5億円を超える可能性もあるとされています。

地検の発表によると、瀧被告は3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンションの一室でコカイン若干量を使用したとされています。「20代の頃からコカインや大麻を使っていた」と容疑を認めています。

無印良品のホテル、開店間近

2019年4月4日(木)に、無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」がオープンします。無印良品がホテルを出すのは、日本初だそうです。

「MUJI HOTEL GINZA」は、「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトにちょうど良い価格でサービスを提供します。内装は木・石・土といった自然素材を中心に、敷石や廃材なども利用しています。全79室の客室は、家のようなくつろぎ・気持ちのよさをキーワードにデザインされています。

目標年間入館客数は230万人です。店舗コンセプトは、「ヒトとつながる」「マチをつなげる」としました。

無印良品は人気のブランドなので、たくさん人が集まるでしょう。

新元号は「令和」、万葉集から

政府は2019年4月1日、「平成」に代わる新たな元号を発表しました。新たな元号は「令和(れいわ)」です。

菅義偉官房長官は午前11時半頃から会見を実施しました。墨書された新元号を掲げ、出典を日本最古の歌集「万葉集」と説明しました。安倍晋三首相は正午ごろ記者会見を行い談話を発表し、新元号に向けた意味を説明しました。

元号が変わったことをうけ、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(34)が1日、自身のツイッターを更新しました。新元号「令和」に発表されると、「びっくりしました」と反応しました。カズレーザーの本名は金子和令(かずのり)。名前の「和令」を逆にしたものとなり、ファンからは「おめでとうございます」」などのコメントが多く寄せられました。