断捨離で部屋も心もスッキリ!

突然ですがみなさんは、断捨離をしたことがありますか?断捨離というのは簡単に言うと不要なものを捨て、物への執着から離れることで、身軽で快適な生活を手に入れることです。言い換えれば大掃除の延長線みたいなものです。

日本には、古くから「もったいない」という固定観念があります。近年の日本では、逆に大量消費社会になっているのでこの「もったいない精神」を持つ若者は減りつつありますが、それでも昔はみんながこの精神を持っていたはずです。しかし、この考え方の度合いが過ぎると明らかに生活に必要ない物を捨てることに違和感を覚えます。次第に、将来的に使わないもの・既に使わなくなったもの、あるいは空き缶などの単なるゴミまで家に溜めるようになり、どんどん快適に過ごすための空間が失われていきます。そういう空間に長時間いると、気力が失われていきますます物が溜まっていく悪循環です。

ひどい例が、家の外にまでゴミが散乱し近所迷惑をかけていながら、本人は悪びれず片付けないことです。いわゆるゴミ屋敷というやつです。しかし、こういった場合は市役所や警察などの公的機関でも取り締まるのは困難です。なので、本人が考えを変えて自分で掃除するか業者を呼んだほうが早いです。

こういう例は極端ですが、私はこうならないために、家の近くにある某リサイクルショップで部屋にあるフィギュアやキーホルダーや缶バッジなどのグッズを売却しました。理由は、もう要らなくなったのと、手放すことで部屋がスッキリするからです。また、フィギュアなどはほこりがかぶりやすいですが、掃除をする手間も省けたので断然ラクです。自分は重度のハウスダストアレルギーですが掃除するのがめんどくさいので、これからは物を溜めない生活を心がけたいですね。

もし私みたいなアレルギーがなかったとしても、断捨離することで快適な暮らしが得られるのは間違いないと思います。でも、逆に捨てすぎないようにして下さいね。

スポンサーリンク

【体験談】犬が怖い。かまれたことが原因で死亡することも!

歩道を歩いていた時のことです。足もとに突然音もなく茶色っぽい生き物が出現!?驚きの余り、「ワッ!」と小さく叫んで、思わず車道に飛び出してしまいました。その茶色っぽい生き物とは・・・犬です。後ろの方に、リードを長~く伸ばして歩いてくる飼い主のおじさんがいました。そして何ごともなかったかのように通り過ぎていきました。

幸い車が通っていなかったので良かったのですが、運が悪ければ車にひかれていたかもしれません。

中学生の時のことです。リードのついていない犬が、突然私の方に吠えながら猛烈な勢いで突進してきました。恐怖の余り、「ギャア~~~ッ!」と今まで出したことのない声で叫びながら、わきに避けようとしたところ段差に足をひっかけ、尻もちをついてしまいました。飼い主は犬の名前を呼んで叱っていましたが、とにかく私は犬から遠ざかりたくて、慌ててその場から逃げ出しました。けがはありませんでしたが、もし「かまれていたら」と思うとゾッとします。

犬は飼い主にはなついていても、他人に対してはどんな行動をとるかわかりません。飼い主の不注意で何かあってからでは遅いのです。

スポンサーリンク

韓国では、女性が犬に噛まれたことが原因とみられ亡くなっています。

2017年10月24日のテレビ番組によると、韓国のアイドルグループ「SUPER JUNIOR」のメンバーでシウォンさんの家族が飼っている犬(フレンチブルドッグ)が同じマンションに住む女性(有名料理店を経営)のスネを噛みました。映像ではエレベーターの扉が開くと、首輪とリードのついていない犬が乗り込んできて女性の足もとへ。その後、飼い主がこの犬を慌てて引きずり出しています。女性はこの傷が原因とみられる敗血症で6日後に死亡しました。

敗血症は、小さな傷でも感染します。血液を通して細菌が全身に広がり臓器を傷つけます。日本では敗血症によって年間10万人が亡くなっています。

犬に噛まれたら、傷口をよく洗い病院へ行きましょう。高熱が出たら要注意です。

身近なマンションのエレベーターで起きた悲劇。人ごととは思えません。私もマンションに住んでいますが、ペットを飼っている人は、抱き上げたり、エレベーターに乗るときは、譲るなどの配慮をしています。それは、犬が苦手で一緒に乗るのは抵抗がある人、動物のアレルギーを持っていて体調が悪くなる人がいるからです。

エレベーターが2基ある場合、ペット用に分けているところもあります。

飼い主は、もう一度危険性を見直し、責任をもってペットの管理をすることが大変重要だと思います。

スポンサーリンク

【体験談】最悪な歯医者!追い詰められた子ども

母から聞いた話です。

私が幼い頃に通った歯医者の最悪の出来事です。そこは、子供を中心に診察するクリニックです。建物はおとぎ話に出てきそうなメルヘンチックな外観で、中へ入ってみると、開放感があり待ち合い室にはたくさんのおもちゃや人形たちが迎えてくれました。

「きっと先生も優しくてにこやかな人なんだろうなぁ」と思っていたところに現れたのは、想像とは正反対の恐そうで厳しそうな男の先生でした。一瞬、凍りついてしまいました。

 

よくしゃべる先生で説明してくれるのはありがたいですが、しつけに関しても独自の考えを持っていて、独善的な印象を受けました。よく言えば、情熱的で頼りになるというところでしょうか。

とりあえず、6ヵ月に1度の検診を受けることにしました。数回通ってみて感じたことは、初めて会った時と変わらぬ対応で、厳しさや独自のしつけ論は子供に対する愛情表現なのかなぁと、どちらかといえば良い印象を持ち始めていたのです。

しかし2年くらい経ったでしょうか。突然その時が、「魔の時間」がやってきてしまったのです。

スポンサーリンク

 

その日私は、特に何か嫌な事があったわけでもなく、おそらく子どもにありがちな気まぐれで、くずくずしていたようです。先生はいら立った様子で「どうしたんだ。何をびくびくしているんだ。どこか他の所で恐い目に会ったのか!」と詰め寄ります。私は恐怖で萎縮してしまいます。するとまた詰め寄ります。さらにびくびくすることに。何度かこれを繰り返し、どんどん悪循環へなっていきます。私はパニック状態になり診察どころではありません。まさに「魔のリプレイ」です。「もうやめてくれ~!」と叫びたくなりました。

 

そもそもどこか他の所で恐い思いをしたわけではありません。見当違いです。決めつけ過ぎです。思い込みが強いのでしょうか。しつこく詰め寄ってくる先生が原因なのに気づかないのでしょうか。それとも、引っ込みがつかなくなったのでしょうか。

 

いたたまれなくなった母は、近くにいたスタッフに目配せしてなんとかその場を終えることができました。かなり気まずい雰囲気のまま、会計を済ませた母は、帰り道私の手を引きながら、「ここへはもう二度と来ない」と決心したそうです。

後から聞いた話ですが、この歯医者はあまり評判が良くないとか。それでも患者さんがけっこう来ていたので、うちとは相性が悪かったのでしょう。

次の検診は、もちろん別の歯医者で受けました。先生もスタッフも感じが良く、治療や指導も適切です。今も年に数回、クリーニングに通っています。

スポンサーリンク

 

メルカリでかしこく稼ごう!体験談

みなさんは、メルカリをご存知ですか?

 

 

メルカリは、今一番勢いのあるフリマアプリです。
おそらく国民の誰もが一度は聞いたことのある名前だと思います。
今回は、このアプリを使って実際にどれくらい稼いだか、また主に何を売ったのか、紹介しようと思います。

まず、売ったものをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

 

①Apple製品

 世界中ではスマートフォンはandroidが主流なのに対し、日本ではiPhoneが主流、というデータがあります。
 どれくらいかというと、iPhone:androidが7:3くらいの割合です。
 アメリカでさえ5:5くらいなので、日本人はとてもAppleが好きなんですね。
 きっと、天国のスティーブ・ジョブズ氏も喜んでいるでしょう。
 ブランドに弱い、という国民性が表れていますね。
 つまり、メルカリではApple製品は高値で売れる傾向にあります。
 実際、iPhoneやiPodに付属している純正イヤホンが千円以上で売れているのですから。
 個人的に、純正イヤホンは音質が悪く、耳につけづらい印象があるので使わずに売りましたが、
 メルカリでは人気のようですね。ちなみに私は純正イヤホンの代わりにS社のイヤホンを愛用しています。
 また、iPhone本体も多く出品されています。
 しかし、メルカリでiPhoneを売るのに注意しなければならないことがあります。
 1.利用制限のかかっているもの、残債があるもの、契約中のものは出品しない
 2.アクティベーションロックを無効にする
 3.初期化を忘れずに

 しかし、安全性を重視したい方はゲオに売るのがおすすめです。
 理由は、ゲオには売った端末の個人情報などを二度と復元できないように特別な処置が行われるからです。
 なので、価格を重視したいならメルカリ、安全性を重視したいならゲオにしましょう。
 

 ②本

 本を売る、といったとき大抵の人はブックオフで売ろうと考えると思います。
 しかし、ちょっと待ってください。
 ブックオフなら一冊5円や10円で買いたたかれてしまいます。
 ところが、メルカリで売ればブックオフの数倍~数十倍くらいの値段で売れる可能性があります。
 しかし、いくら待っても売れなかったら値段を下げるか、諦めてブックオフに売りましょう。

 ③CD・DVD

 こちらも本と同様、ブックオフやゲオで売るよりも高く売れる可能性があります。
 特に、有名な作品の商品だった場合、それを欲しいと思っている人も多いわけで、売れる確率が結構上がります。
 なので、いらなくなったらまずはメルカリに出品してみましょう。

このようなものを売っていって、現時点でだいたい1万円くらい稼ぎました。
私はこれからもメルカリを使おうと思うので、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

【体験談】専門学校に行っていい人と駄目な人

みなさんは、専門学校に行ったことがありますか?

専門学校というと、なんだかオシャレな感じがしますが、それはあくまでも表向きの話です。
私が通っていた某専門学校は、よくオープンキャンパスがありました。
そのオープンキャンパスに行って、私は驚きました。
はじめの挨拶みたいな時間で、なんと教員ではなくそこに通う在学生がプレゼンしていました。
しかも、その在学生は噛まずにハキハキとわかりやすく説明していました。
ここの学校はエリートか?精鋭部隊なのか?とさえ思いました。
その後は、普通に教員の方が学校についていろいろな説明をしました。ここは至って普通でしたね。
その後、学生ホールで昼食をとりました。そこでまたもや驚きました。
弁当自体は普通のものでしたが、その後にお菓子がたくさん出されました。
まさかのモノで釣る手法でした。きっとこのお金は在学生の授業料から絞りとっているのでしょうね。
私は、ここで気がつくべきでした。
「所詮こんな見栄えよくても、元々学校に向いてない私が入るべきではなかった」と。

スポンサーリンク

 

私は、幼稚園の頃から集団行動が苦手でした。集団行動、まさに悪魔の4字熟語でした。
それは小学校、中学校、高校を通しても変わることはありませんでした。
そうです、生まれたときから典型的なコミュ障でした。

ある人が、学校は特殊な環境と言いました。
赤の他人が大勢で集まって一つの教室に入る。そこでは親の代わりに教師が面倒を見る。
変わった環境だから、集団心理でいじめが出てくる。
今思うと、吐き気がこみ上げてくる状況でしたね。

話を戻して、私はそこの専門学校に入学しました。
しかし、1年で中退。
一番の原因は、単刀直入に言うとやる気がなくなったことです。私は悟りました。
いくら学校が立派でも、自分にやる気・協調性・覇気・コミュ力がなければ意味がないということを。
授業料を無駄にした瞬間でした。なので、私はもう習い事はしません。

 

専門学校に行く予定の方、もうすでに通ってる方に一つ忠告しておきます。
「自分はその学校に行って得られるものはあるか?また、自分が成長しようとしているか?」ということです。
いくら学校側が働きかけても自分が望まないのであればいつまでたっても成長しません。
行ってもメリットはないと思います。あるとしたら資格くらいです。
しかし、資格より今はコミュ力が重視されるので、コミュ障の方には辛い世の中です。
なので、自分でもう一度その学校に行くべきか、よく考えたほうがいいと思います。

学校に行かない代わりに、私のようにブログを書いてみたりするのもいいと思います。

スポンサーリンク

 

【体験談】シダトレンで花粉症を克服!

みなさんは、何かアレルギーを持っていますか?
数あるアレルギーのなかでも、今回は花粉症を改善する薬「シダトレン」について紹介したいと思います。

毎年3月になると、花粉が飛び交いますよね。花粉症の人にとっては非常につらい時期です。
私も昔はこの時期になるとマスクやティッシュ無しでは外出できないほどでした。
当時、病院でもらった飲み薬や点鼻薬を使っていましたが、それでも辛く夜も眠れないほどでした。

スポンサーリンク

 

そんななか、2014年の秋にシダトレンという薬が保険適用になりました。
この薬は、スギ花粉にのみ効果を発揮します。
シダトレンで花粉症が改善される仕組みは、アレルゲン免疫療法の一種で体内にあえて花粉成分を取り入れ徐々に体に慣らしていくことで、アレルギー反応を抑制します。具体的な治療方法は、舌下にシダトレン(液状)を含ませたまま2分間維持します。
これを毎日続けることで花粉に耐性がついていくのです。

 

最初の2週間は少量から服用し、徐々に増量します。この2週間を「増量期」と呼びます。
その際、スギ花粉が飛散していない時期が良いです。
理由としては、シダトレンに微量に含まれるスギ花粉成分と外の花粉が重複することで、さらに症状が悪化するからです。
なので、最初のタイミングに注意しましょう。


この増量期の期間を過ぎたら、今度は「維持期」といって服用する量が一定になります。
以降は治療を3年以上続けることを推奨しています。

私は、ちょうど保険適用になったタイミングでシダトレンの治療を開始しました。
かかりつけの医者に「もしかしたら拒絶反応がでるかもしれない」と言われましたが、実際に舌下にシダトレンを入れたら、最初のうちはムズムズするような不快感こそありましたが、特に拒絶反応はありませんでした。

治療開始1年目の春は、さすがにまだ効果は出ませんでした。
しかし、2年目の春あたりから徐々に効果を発揮しました。
昔はマスクをしてても鼻水やくしゃみがひどかったですが、今はだいぶ落ち着きました。

また、シダトレン治療中も他のアレルギーの薬を飲むことで、さらにアレルギー発症のリスクを抑えられます。
私はスギ花粉だけでなくハウスダストのアレルギーも持っているので、なおさら必要ですね。