【体験談】専門学校に行っていい人と駄目な人

みなさんは、専門学校に行ったことがありますか?

専門学校というと、なんだかオシャレな感じがしますが、それはあくまでも表向きの話です。
私が通っていた某専門学校は、よくオープンキャンパスがありました。
そのオープンキャンパスに行って、私は驚きました。
はじめの挨拶みたいな時間で、なんと教員ではなくそこに通う在学生がプレゼンしていました。
しかも、その在学生は噛まずにハキハキとわかりやすく説明していました。
ここの学校はエリートか?精鋭部隊なのか?とさえ思いました。
その後は、普通に教員の方が学校についていろいろな説明をしました。ここは至って普通でしたね。
その後、学生ホールで昼食をとりました。そこでまたもや驚きました。
弁当自体は普通のものでしたが、その後にお菓子がたくさん出されました。
まさかのモノで釣る手法でした。きっとこのお金は在学生の授業料から絞りとっているのでしょうね。
私は、ここで気がつくべきでした。
「所詮こんな見栄えよくても、元々学校に向いてない私が入るべきではなかった」と。

スポンサーリンク

 

私は、幼稚園の頃から集団行動が苦手でした。集団行動、まさに悪魔の4字熟語でした。
それは小学校、中学校、高校を通しても変わることはありませんでした。
そうです、生まれたときから典型的なコミュ障でした。

ある人が、学校は特殊な環境と言いました。
赤の他人が大勢で集まって一つの教室に入る。そこでは親の代わりに教師が面倒を見る。
変わった環境だから、集団心理でいじめが出てくる。
今思うと、吐き気がこみ上げてくる状況でしたね。

話を戻して、私はそこの専門学校に入学しました。
しかし、1年で中退。
一番の原因は、単刀直入に言うとやる気がなくなったことです。私は悟りました。
いくら学校が立派でも、自分にやる気・協調性・覇気・コミュ力がなければ意味がないということを。
授業料を無駄にした瞬間でした。なので、私はもう習い事はしません。

 

専門学校に行く予定の方、もうすでに通ってる方に一つ忠告しておきます。
「自分はその学校に行って得られるものはあるか?また、自分が成長しようとしているか?」ということです。
いくら学校側が働きかけても自分が望まないのであればいつまでたっても成長しません。
行ってもメリットはないと思います。あるとしたら資格くらいです。
しかし、資格より今はコミュ力が重視されるので、コミュ障の方には辛い世の中です。
なので、自分でもう一度その学校に行くべきか、よく考えたほうがいいと思います。

学校に行かない代わりに、私のようにブログを書いてみたりするのもいいと思います。

スポンサーリンク